英会話スクール 2020/10/15

英会話スクールのメリットとデメリット一覧!ちゃんと効果はある?

英会話スクールのメリットとデメリット一覧!ちゃんと効果はある?
このエントリーをはてなブックマークに追加

本気で英語を学びたい場合、英会話スクールに通うのが一般的な方法です。しかし本当に英語を喋れるようになるのか、高い料金分の勝ちはあるのか疑問のはずです。

そこで実際に複数のスクール経験のある筆者が英会話スクールが持つメリットやデメリットを紹介しますので参考にしてください。

英会話スクールのメリット

英語はスクールに数万円という高価なお金を払って、わざわざ店舗まで足を運んで通わなくともオンライン英会話で格安で自宅で勉強することもできます。

また、参考書やCDなどの教材を使って独学で学ぶこともできます。

これだけ手軽に英語の勉強できるのに英会話スクールに通う人がいなくならないのは、やはりそれ相応のメリットがあるからです。では、英会話スクールにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

目的に沿ったカリキュラムで英語学習ができる

英語を学ぶうえで大切なのは、目的に合わせて勉強をすることです。外国人とネイティブな英語でコミュニケーションが取れるようになりたいという目的の人と、TOEICの試験に高得点で合格したいという人では、同じ英語学習であっても勉強法が異なります。

しかし、目的に沿った勉強法を自分で構築するのは簡単なことではありません。

英会話スクールであれば、ネイティブ英会話コースやTOEIC対策コースなど英語を学ぶ目的に合わせたカリキュラムが用意されているので、それに従って学習するだけで目的を達成できます。

これは独学では無理な英会話スクールならではのメリットと言えるでしょう。

英語の学習リズムが作りやすい

英会話スクールで勉強するということは、週に1回から2回は必ず通わなくてはいけません。

これは一見面倒に思えますが、強制的に英語学習の時間を設けるのは学習のリズムを作るのに役立ちます。英会話スクールでは高いお金を払ってレッスン日が固定されるので、勉強を後回しにはできません。

そのため、レッスン日を基準にレッスン前には予習、レッスン後には復習というように学習リズムを作りやすいのです。一方で独学やオンライン英会話だと、つい後回しにしてしまいます。

家で筋トレをすれば事務に通わなくてもいいのに、わざわざ高いお金を払ってジムに通う人が多いのもお金を払ってスケジュールを組むことで、後回しにできないからです。

勉強を習慣づけるのはなかなか難しいですが、英会話スクールに通えば必然的にレッスンに通って勉強する習慣がつくので、英語学習が続けやすくなるというのもメリットです。

ネイティブ講師から本物の英語を学べる

英語の発音は非常に難しく、口の形や舌の使い方が日本語とまったく違うので、普通の発音英語を話しても外国人には通じないことが多いです。

いくら義務教育で英語を学んでも日本の英語が海外で通用しないのは、本物の英語を学べていないことが原因です。

しかし英会話スクールでは、アメリカやイギリスなどネイティブな英語を話せる講師陣のレッスンが受けられるので、自然と本物の英語を身につけられます。

ネイティブ英語を学べば外国人が話す英語のスピードにきちんと対応できますし、スラングや方言なども教材では学べない英語も知ることができます。

そのため、実際に使える英語を話せるようになるメリットがあります。

英語を学ぶ仲間ができる

英会話スクールに通うと同じ目的で勉強をする仲間ができるのもメリットです。

勉強自体は1人でする方が集中できますが、1人で勉強を進めていると壁にぶつかることもあり、学ぶモチベーションを保つのは難しい時もあります。

そんな時に仲間がいれば悩みを共有したり相談したりすることができます。いくら仲の良い友達であっても英語を勉強している人にしか分からない悩みは共有できませんが、英会話スクールの仲間であれば気持ちを分かってもらえるので、挫折することなく英語の勉強を続けられるでしょう。

レベルに合わせて英語学習を進められる

英語学習はレベルに合わせて進めることも大切です。英会話初心者と上級者では当たり前ですがリスニング力も理解力もまったく違いますし、学ばなくてはいけない学習内容も異なります。

レベルに合わない学習方法を実践しても理解できないままなので、勉強がまったく進みません。

英会話スクールでは最初のカウンセリングで適切なレベルを判断してくれるので、自分のレベルに合ったクラスで学べます。

レベルに合わせた学習方法を自分で見つけるのは簡単なことではありませんから、レベルに合わせて英語学習ができるのは大きなメリットです。

英語学習の方法など相談ができる

英語の勉強を始めようと思っても、何からすればいいか分からないという方は少なくありません。

単語を覚えればいいのか文法を理解すればいいのか、1日何時間勉強すればいいのかなどが分からないので、勉強が進められない方もいるでしょう。

英会話スクールでは、レッスン以外の学習方法に関してカウンセラーに相談できるというメリットがあります。

レッスンの効率を上げる自宅での学習方法や時間の使い方、どういった学習計画を立てればいいかなど、いろいろなアドバイスをもらえるので効率よく英語の勉強が進められます。

英会話スクールのデメリット

英会話スクール_デメリット

英会話スクールにはメリットがたくさんありますが、その反面デメリットがあるのも事実です。

しかし、デメリットといっても、事前に理解しておけば自分で回避できることばかりですし、英会話スクール選びを成功させる基準にもなるので、英会話スクールに通うことを検討している方はぜひチェックをしておいてください。

英会話スクールに通うだけで満足してしまう

英語が話せるようになりたいと漠然と考えているだけでは、英語を習得することはできませんので、英会話スクールに通うというのは英語の習得のアクションとして最適な選択です。

しかし、レッスンを受けているとそれだけで勉強をした気分になってしまうのも事実です。どんな勉強でもただレッスンを受ければ上達するものではありません。

レッスンと合わせて上達しようとする努力が必要です。しかし、英会話スクールに通うことで気持ちが満たされてしまう方が多いのも事実です。

ただこれは自分の気持ちの問題ですからレッスンを受ける目的を忘れず、英会話スクールを予習や復習など自主学習のリズムをきちんと整えるツールだと考えればデメリットのリスクはないでしょう。

受講できる時間が決まっている

社会人や学生にとっては受講できる時間が決まっているのも英会話スクールのデメリットといえます。

ある程度時間に余裕があればいいですが、繁忙期などで残業が多くなったりすると、お金を払っているのにレッスンを受けられない日が続く可能性があります。学生でも論文提出の時期にはレッスンを受けに行く時間が作れないこともあるでしょう。

そして人間というのは1度間が空いてしまうとモチベーションも下がってしまうので、ライフスタイルによってはスクールの営業時間という存在はデメリットです。この点は時間も場所も選ばないオンライン英会話に大きく劣っています。

その代わり、自分で学習リズムを作るのが苦手だったり英語の勉強を再開したりする方にとっては、受講時間が決まっているのはメリットとも言えます。

英会話スクールに通うのが面倒になる

英会話スクールに限ったことではありませんが、通学型の学習塾やスクールは通うのが面倒になってしまう方が少なくありません。

通い始めはモチベーションも高いので苦ではありませんが、学習が思うように進まなかったりレッスン内容についていけなくなったりすると、モチベーションが下がって通うのも億劫になってしまうのです。

英会話スクールが通勤や通学の途中に立ち寄れる立地にあれば挫折することも少ないかもしれませんが、英会話スクールだけのために移動するというのはどうしても面倒になりがちです。

これは性格も関係しているデメリットですから、自分がきちんとスクールに通えるのかを判断し、その上で通いやすい立地にある英会話スクールを選びましょう。

英会話スクールの受講料が高い

以前と比べると、英会話スクールの受講料はかなり安くなっています。といっても、グループレッスンの受講料の相場は3,000円から5,000円、マンツーマンレッスンの受講料の相場は8,000円から15,000円です。

月4回の受講は平均30,000円です。安くても12,000円、高いレッスンだと60,000円にもなります。これだけの費用が毎月かかるというのは英会話スクールのデメリットです。オンライン英会話なら月に数千円で受けることができます。

他の生徒とレベルが合わないことがある

グループレッスンでは、初心者クラスから上級者クラスまで英語の習得度に合わせてクラスを振り分けてもらえます。

ただし最初は同じレベルの人が集まっているクラスであっても、レッスンを受けていく中で差が出ることもあるため、自分の上達が早かった場合は他の生徒とレベルが合わなくなってくるというデメリットがあります。

自分はすでに理解している部分で他の生徒がつまづいていたら、先に進まずもどかしくなることもあるでしょう。逆に、自分がまだ理解しきれていないのに授業が進んでしまうこともあります。

英語の学習量が少ない

週に1回でも2回でも、英会話スクールで文法を学んだりネイティブな英語を聞いたりするのは英語の上達に役立ちます。

独学では勉強の効率も上がりませんし、ネイティブの生の英語を聞くこともできないので、英会話スクールに通うのは決して無駄ではありません。

ただし、それだけで英語が習得できるわけではない、というのは英会話スクールのデメリットと感じる方もいるようです。

受講料を払うのですから、通うだけで英語がペラペラになりたいと思うのも当然です。しかし、英語力を高めるには毎日の英語学習が必須なので、週に1回や2回のレッスンだけに頼るのではなく自主学習が必要なことは理解しておきましょう。

英会話スクールに高いお金を払うだけ効果がある?

英会話スクールの口コミの中には、通っても英語がしゃべれるようにならなかった、まったく効果がなかったという意見も見られます。

こういった意見を聞くと、英会話スクールに通っても意味がないかもしれない、と思うかもしれません。しかし、結論から言うと、英会話スクールには間違いなくお金を払うだけの効果があります。

だからこそ、何十年にも渡ってこれだけ多くの英会話スクールが存在しています。もし費用対効果が悪いのであれば、英会話スクールというビジネスモデル自体とっくに廃れているでしょう。

あるいはより安く、手軽なオンライン英会話に完全に取って代わられているはずです。にも関わらずサービスが続いているのは、効果があるという証拠です。

独学では得られない効果がある

英会話スクールであれば普通の生活では聞くことがないネイティブな英語で耳を慣らせますし、実際に外国人講師相手に自分の発音をチェックしてもらうこともできます。

独学ではできないアウトプットは、英会話の要となるものですから、英会話スクールに通っても効果がないというのは偏った意見と言えるでしょう。

英会話スクールのメリットとデメリットまとめ

最近は格安で自宅で学べるオンライン英会話や、英語が勉強できるアプリといった気軽に学べるツールも増えているので、英会話スクールに通う必要性を感じないかもしれません。

しかし英会話スクールに通えば、独学やオンライン英会話にはないメリットにより英語学習の効率を上げることが可能です。

義務教育と違って自分との戦いになる英語習得は学ぶ環境を整えることが一番大事です。まずは無料体験レッスンで実際のレッスンを受けてみて、自分に合った英語の学習法を見つけてみましょう。

留学先を国から探す