アメリカ留学 2019/7/9

チャペルヒル留学が人気なのはなぜ?5つのメリットや必要経費の概要を一挙ご紹介

チャペルヒル留学が人気なのはなぜ?5つのメリットや必要経費の概要を一挙ご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ合衆国ノースカロライナ州中央部に位置し、のどかな雰囲気がある都市、チャペルヒル。片田舎で静かな環境が魅力の土地ですが、一方で有名大学を抱える大学街でもあり、世界中から多くの留学生が集まる教育都市としても知られています。 また多くのハイテク・薬品業界の大手企業が拠点を置く、研究都市としても注目を集める都市でもあるのです。この記事では、チャペルヒル留学の人気の秘訣に加え、5つのメリットや必要経費の概要を詳しく解説します。

チャペルヒル留学は日本人に人気?

アメリカ合衆国ノースカロライナ州中央部に位置する都市、チャペルヒル。大都市であるニューヨークから車で10時間、首都であるワシントンD.C.から6時間離れた、のどかな雰囲気が漂う都市でもあります。大きな都市に比べれば田舎ですが、実は大きな製薬会社や外国企業も集まる研究実業都市地域でもあります。

また有名大学、ノースカロライナ大学チャペルヒル校がキャンパスを構える大学街としても知られています。世界中から留学生たちが集まってくるので、教育機関も幅広く揃い、学生たちが暮らしやすい環境を作っています。

チャペルヒル周辺の地域は、リサーチ・トライアングルと呼ばれ、西海岸のシリコンバレーと肩を並べる一大研究地域と言われています。その中でもチャペルヒルのノースカロライナ大学、ダーラムのデューク大学、ローリーのノースカロライナ州立大学と、高い評価を受けている大学を3つ持つこの地域は教育や研究に特化しており、優秀な学生の育成と新興工業に力を入れています。周辺には、IBMやSAS、Cisco Systems、Glaxo、Bayer、エーザイなどのハイテク・薬品業界の大手企業が拠点を保有し、留学してそのまま滞在して就職を目指す学生も少なくありません。

留学してくる学生達の国籍は様々で、その中には日本人を含むアジア人も少なくありません。現地に日本人会などもあり、交流を持てるので寂しい思いをすることなく過ごせるので心強いはずです。

チャペルヒル留学のメリット

人間味がある温かい住民と豊かな自然に囲まれた、ノースカロライナ州チャペルヒル。時にはキャンパスでシカを見つけることもある程ののどかさと同時に、西海岸のシリコンバレーと肩を並べるくらいの一大研究地域ともいわれる二面性を持つ都市でもあります。

生活は限りなく便利で、日用品なども揃っていますので、留学生達も日ごろの生活で特に困ることはないでしょう。ですが、ただ過ごしやすいから留学先として人気があるというわけではありません。チャペルヒル留学には他にも沢山のメリットがあるゆえに、多くの人に選ばれているのです。
特徴的なものを挙げるとすれば、このようなメリットが考えられます。

  • 大学街なので留学生が暮らしやすい
  • 温暖な気候で過ごしやすい
  • 生活必需品は何でも揃うので便利
  • 治安が良いので安心
  • 住民が親切で外国人に優しい

ではここから、チャペルヒル留学のメリットについて一つずつ詳しくご紹介していきます。

大学街なので留学生が暮らしやすい

チャペルヒルといえばノースカロライナ大学チャペルヒル校!ともいわれるほど、チャペルヒルを代表する有名大学。この有名大学のために町が形成されているといっても過言ではないほどの、存在感です。現に大学街と称されるほど街中には学生が溢れており、学生や留学生中心の雰囲気があります。そのため留学生としては暮らしやすい環境が整っていて、とっても便利。

例えば、キャンパスから車で10分程度の立地条件が良い場所にアパートや寮が多く準備されていたり、ホームステイ先が用意されていたりします。どちらかといえば寮生活が多い傾向が強いかと思いますが、望めばルームシェアなどもできる環境です。アパートが幾つも集まった集落をアパートメント・コンプレックスと呼び、日本人学生なども大抵このような場所に固まって住むことが多く、治安的にも安心です。

ほとんどのアパートは暖房や冷房もついており、家具なども付属している場合が多いのですぐに入居でき、入居時のわずらわしさもありません。チャペルヒルには、このような学生に優しい気配りが様々なところに表れているのです。

温暖な気候で過ごしやすい

チャペルヒルがあるノースカロライナ州は東海岸のほぼ中央に位置します。日本と同じように四季があり、日本人にとっては馴染みやすく、過ごしやすい環境でしょう。気候は東京とほぼ同じと考えることができますが、冬はやや暖かく、比較的穏やかに過ごすことができます。日本のように雪が深く積もることも少なく、通学や通勤に支障が出ることはほぼありません。

気になるのは夏の暑さですが、日本のように湿度は高くなく、どちらかと言うと乾燥気味、蒸し暑いということはありません。平均気温は夏が30度前後、春・秋が20度前後、冬は10度前後といったところで、まさに理想的。

留学生活で体調を崩してしまう人のほとんどは、その土地ならではの気候の変化に対応できないことが原因である、と言われています。暑すぎる、寒すぎる、湿度が高すぎる、気温の変動が激しいなどの環境は体力が奪われ、勉強どころではなくなってしまいます。気候によるストレスを感じることが少ない環境の中で留学したい人にとって、チャペルヒルはぴったりの場所なのです。

生活必需品は何でも揃うので便利

チャペルヒルは大都会ではありませんが、必要なものは揃っており、通常の生活の分にはほとんど支障ありません。日本人であれば外国に移住して困るのは、日本の食材がなかなか手に入らないことかもしれませんが、チャペルヒルではその心配はありません。

車で30分も走れば、韓国系スーパーマーケットがあり、日本の調味料はもちろん、うどんや焼きそば、納豆など大抵のものは揃います。留学生は生活費用節約のためにも自炊する人が多いので、食材が手に入るのはかなり助かることでしょう。

またもっと近くには、Trader Joe’s, Wholefoods market, Harris Teeterといった大手のスーパーがあるので、他の食材の買い物にも困りません。他にも中心地にはSouthpointというショッピングモールがありますし、NordstromやMacy’sなどのデパートもありますから、ショッピングで困ることはありません。田舎過ぎず、都会過ぎない、この絶妙なバランスがチャペルヒルの最大の魅力なのでしょう。

治安が良いので安心

チャペルヒルは基本的に、ノースカロライナ大学を中心として成り立っている大学都市です。ですから、総人口6万人弱と言われている中、住民の過半数が学生か教員、その他の大学関係者という異例の文教地なのです。教育関係者が多いということもあり、治安が良いというのはお墨付き。また観光地のように不特定多数の人物が出入りするような環境でもないので、犯罪率もかなり低いといわれています。

そのため、全米の中でも有数の暮らしやすい街とされ、アメリカ人でもその暮らしやすさに惹かれ、移住する人がいるほど。治安大国に暮らす日本人からしてみれば、留学地の治安は絶対条件です。チャペルヒルは、安全な留学先として条件が揃った場所と言えるでしょう。

住民が親切で外国人に優しい

よく「温暖な気候に恵まれた土地の住民はおおらかな人が多い」という話を耳にしますが、チャペルヒルはまさにその通り。チャペルヒルの住民は、親切な人が多く、穏やかな雰囲気を持っているのが特徴的です。

基本的に学生が多い都市なので、留学生の割合も多く、国籍の多様性に慣れていることも関係しているのかもしれませんが、距離間が近い人が多いといいます。都会のように他の人に関心を示さないという見方をすることもないようですし、かといって田舎にありがちな白人第一主義をかざす傾向も見られません。まさに教育者たちのリベラルな良い影響が見られる街なのです。

チャペルヒルに留学した学生の中には、その温かさに助けられたと感じる学生が多い模様。何かと世話を焼いてくれたり、家族のように心配してくれたり、困っているように見えると初対面でもガンガン話しかけてくれたり。初めは緊張している留学生が、このように温かな住民と接して、徐々に街に馴染んでいくのです。これもチャペルヒルの魅力の一つでしょう。

チャペルヒル留学のデメリット

自然も多く、教育都市のため多国籍な学生が多い、チャペルヒル。メリットがいっぱいで魅力的なチャペルヒル留学ですが、もちろん何もネガティブな要素がないというわけではありません。

実際に生活するわけですから、メリット以上にデメリットについて理解しておくことは大切な事です。事前にチャペルヒル留学のデメリットについて知り、納得したうえで渡航すれば、留学生活のストレスを最小限に抑えることができるはずです。
チャペルヒル留学で考えられるデメリットには以下のようなものがあります。

  • 車が必須な環境
  • 学生が多いならではの問題も

ではここから、チャペルヒル留学のデメリットについて一つずつ解説していきます。

車が必須な環境

チャペルヒルは大きな都市ではなく、非常にコンパクトなので動きやすいのですが、基本的に車で動く人が多いので、必然的に留学生たちも車を所持する必要が生じます。バスや公共の乗り物もないわけではありませんが、正直便利とは言えません。街の作りも、車移動を念頭においてできているので、道幅や駐車場が広く、右側通行にさえ慣れてしまえば例え初心者でも、運転には全く問題ありません。

留学生たちも、車がなくてもなんとか生活はできますが、あったほうが断然便利です。ただ車の購入は、初期費用や維持費もかかりますし、意外にお金がかかるもの。費用を節約している留学生にしてみれば負担になる場合もあります。

工夫している学生の中には、ルームシェアと同じ感覚で車も友人とシェアして、お金を出し合い、それぞれが必要な時に使うという形にしている場合も。自分の予算と相談しながら決定すると良いでしょう。

学生が多いならではの問題も

チャペルヒルは大学都市ですから、世界中から集まった留学生が沢山います。国籍や人種は実に様々で、活気をもたらしています。そのため、街には学生が住むのに対応したアパートや寮なども多く、必然的に学校の近くや中心地に学生たちが集まる形になります。

治安としてはそれほど危なくなく、犯罪率もそれほど高くないので比較的安心して住むことができますが、一つの難点は騒音。学生に人気のある場所を滞在場所に選ぶと,突然始まる真夜中のパーティに悩まされることが度々あるようです。音楽の音、話し声、車の音、出入りするドアの音など意外に気になるもの。

日本は騒音に関して敏感な国ですが、海外では「うるさいのはお互い様」という感覚が強く、よほどでなければ注意なんてしません。学生が多いことにはメリットもありますが、デメリットもあることは覚えておかなければなりません。

チャペルヒル留学のために必要な費用の概要

田舎街とはいえ、便利で暮らしやすく、留学生の受け入れにも慣れているチャペルヒルは、留学生活を楽しみながら経験したいという留学生にとって最適の土地です。とはいえ幾ら留学したいからと言っても、まずは念密な留学計画を立てなければ留学は実現しません。必要な留学費用を計算し、予算を立て、自分にあった留学プランを組む必要があるでしょう。

もちろんそれぞれの滞在方法、生活スタイル、学校の違いによって留学費用は異なりますが、平均的に必要だと言われているチャペルヒル留学の費用は、1カ月約45~48万円前後と言われています。具体的な内容例を以下に示しています。

●語学留学した場合の費用(参考にしていただける例)
項目 費用
航空券(往復) 12万円
語学学校 18万円
滞在費 13万円
交際費 3万円
海外旅行保険 2万円
合計 約48万円

※この費用の中にはビザの申請費用や食費などを含む生活費は含まれていません。実際にはこの価格よりも上回る可能性が高いので、あくまでも参考価格としてご覧ください。

語学学校の費用

チャペルヒルに留学する場合、一番大きな費用となるのは学校の授業料。毎月出ていく固定費ですので、学校選びは慎重に行う必要があります。費用は留学時期や場所、期間、学校のレベルによって異なりますが、チャペルヒルの学校授業料は平均で、1ヶ月16~20万円を目安にしておくと良いかもしれません。

●語学留学した場合の期間別費用の目安表
期間 費用の目安
1週間 約10~12万円
1ヶ月 約37~48万円
6ヶ月 約220~290万円

※この費用の目安には、航空券(往復)と語学学校の学費、滞在費、生活費が含まれていますが、その他の必要な費用は含まれていませんのでご注意ください。

チャペルヒルは学術都市ですから、大学や語学学校、コミュニティカレッジは多く点在します。そのため選べる選択肢も広く、自身の可能性やチャンスも大幅に広げることができるでしょう。例えば、ノースカロライナ大学チャペルヒル校には78の学部プログラムがあり、112の修士課程、68博士課程のプログラムがあると言われています。しかも学生数は約3万人、140カ国以上から留学生の受け入れを行っているという大規模教育機関。興味が持てる勉強分野が必ず見つかるといっても過言ではないでしょう。

ただ、選ぶ学校の人気具合や選ぶ学科の種類によっては学費も随分違いますので、まずは自分の希望と予算を比較して、現実的なものを選ぶ必要があるでしょう。

滞在費用

チャペルヒル留学の際に必要な費用の中で、学費の次に大きなウエイトを占めるのは、何と言っても滞在費。チャペルヒルは大都市ではないので物価が高いというわけではありませんが、日本と同じ感覚でいたら確実に予算オーバーしてしまいます。

また留学期間によっても滞在費は大幅に違いますが、大抵の場合長期留学の方が多いので、期間が長ければ長いほど大きな金額になるのは当然のことです。

チャペルヒル留学の際、一般的によく選ばれる滞在方法は、寮、ホームステイ、ルームシェアのいずれかです。ではここから、一つずつ解説していきます。

寮の場合の費用

●チャペルヒルで寮生活をする場合の費用目安:年間180万~230万円前後
アメリカでの学生生活は、寮を利用するのが一般的だと言われています。学校が実家から通える範囲ならば話は別ですが、それ以外であれば寮に入り、色んな国籍の学生たちと一緒に過ごし、交友を深めるのが学生生活の醍醐味なのです。

チャペルヒル留学の際も同じで、語学学校や大学などが運営、もしくは管理している寮に滞在するという方法が一般的です。学校から近い場所にあったり、大学が大きければキャンパスの中に寮が建っていたりします。治安という点では抜群の環境なので、特に女性や留学初心者にはお勧めです。

金額に開きがあるのは、寮の築年数や部屋のタイプ、立地、様々な制約あり(女性専用棟があるなど)によって変わるからです。また相部屋や個室の違いでも金額は大幅に違いますので、事前にチェックしておくべきです。学校のホームページでも説明されていますし、留学エージェントに依頼して情報を確認してもらいながら決めることができるでしょう。
       

ホームステイの場合の費用

●チャペルヒルでホームステイをする場合の費用目安:平均年間175万~220万円前後
チャペルヒル留学でホームステイをする場合、費用の目安は大体寮の場合と同じですが、若干ホームステイの方が安い傾向があります。ホスト先はいろんな場所に点在しており、自分が通う学校の位置、行動範囲、予算、利便性などを考慮して選ぶことができるでしょう。またホスト先によって、男性のみ受け入れ可とか、女性のみなど性別の指定がある場合もあるので要注意です。

ほとんどの場合、留学エージェントや学校と提携している経験あるホストファミリーが選ばれることが多く、留学生の受け入れには慣れているので、すぐに馴染むことができるでしょう。海外留学で、なるべく現地人に近い生活経験をしたい方には特にお勧めです。
      

ルームシェアの場合の費用

●チャペルヒルでルームシェアをする場合の費用目安:年間平均150万~200万円
チャペルヒルは学生が多い街で留学生の受け入れには慣れているので、ルームシェア向きの物件は豊富に用意されています。価格もそんなに負担がかかるものではなく、中には2ベッドルーム、2バスルームで90平方メートル強、1100ドル弱前後の格安物件も。2人で割れば、1人600ドル前後ですからお得です。

ルームシェアは、比較的自由な暮らし方ですし、友達と一緒に過ごす時間も沢山とれますので、海外生活の醍醐味をじかに味わえる滞在方法の一つといえるでしょう。ただしルームシェアをする家の場所をどこに定めるかで費用は大きく変わってきます。中心地であれば便利ですが高くなりますし、郊外であればちょっと不便ですが費用は抑えることができます。

もし当てがないなら留学エージェントによって、紹介できる物件を知っていたり、確保している建物があったりするので、相談してみると良いかもしれません。

渡航費用

●チャペルヒル留学で必要な渡航費用の目安:平均10万~15万円前後
チャペルヒルに渡航する場合、多くの人が飛行機で移動することでしょう。高いイメージがある飛行機代ですが、ローシーズンやトランジットが長い便の飛行機を選べば比較的安い金額でチケットを購入することができます。

現在、日本からチャペルヒル行きの直行便を運行している航空会社はありませんので、行く方法としては一度ワシントンDCなどの主要な場所を経由して、ノースカロライナ州のモリスビルという場所にあるローリー・ダーラム国際空港に行くことになります。この東海岸の主要都市からのアクセスは大変便利で、国内線を利用するとニューヨークから1時間半〜2時間、ワシントンから1時間〜1時間半でノースカロライナに降り立つことができるので、チャペルヒルに訪れる際にはこの方法が一番最適です。

海外保険費用

●チャペルヒル留学で必要な海外保険費用の目安:平均1ヶ月1万5000円~2万円前後
海外に旅行、滞在する場合に加入を勧められる、海外旅行保険。もちろん義務ではなく任意のものですが、急なケガや病気は自分でも予測不能ですし、いざという時のための備えとして軽く見るべきではありません。

基本的に海外の医療費は日本のように保険負担が適用されたり、手ごろな価格で済むというものではなく、実費がほとんど。そのため、高額な治療費を払えないため病院に行けないという留学生も多いものです。前もって海外保険に加入しておくなら、もしもの時にも安心です。

ビザの申請費用

●チャペルヒル留学で必要なビザの申請費用:1万8000円
チャペルヒルに留学する場合、語学学校や大学へ通う場合はFビザ、専門学校に通うならMビザを取得する必要があります。アメリカ滞在期間が90日以下であるならば、観光旅行と同様でビザ免除プログラム(Visa Waiver Program: VWP)で入国できますが、留学の場合は長期になることがほとんどなので、ビザの取得は忘れないようにしましょう。

自分個人で申請を行うこともできますが、ある程度の語学力も必要になるので、留学エージェントに依頼するとスムーズかもしれません。

生活費用

●チャペルヒル留学で必要な生活費用の目安:平均150~210万円前後
チャペルヒルはワシントンDCのように大都市ではありませんので、物価の基準は高いほうではありません。切り詰めて生活している学生が多く、教育機関を中心に回っている街ですので、アメリカの他の都市に比べればかなりリーズナブルに暮らすことができます。

生活費の中で一番ウェイトを占めるのは食費ですが、チャペルヒルの場合もアメリカの他の都市と同じく、特に外食は割高な傾向があります。チップなどの習慣があることも関係しているかもしれませんが、平均的に日本の外食費よりも少し上回るくらいの価格設定になるようです。友達に付き合って外食ばかりしていると、すぐに生活費が底をついてしまいます。

そのためにもディスカウントストアで買い物したり、自炊をするなどして費用を抑える必要があるでしょう。少しでも外食の頻度を控えるなどして意識していれば、生活費を抑えることは十分に可能です。

チャペルヒル留学をサポートしてくれるおすすめの留学エージェント

どんなに住みやすく理想的な留学地に思えても、住み慣れていない海外であることに変わりはなく、初めは不安や心配が尽きないことでしょう。留学準備も多くの時間と労力を要しますし、渡航してからもどんなトラブルが起こってもおかしくはありません。

そんな時、留学生たちに寄り添い、力になってくれるのが留学エージェントです。実際に留学が現実的になってきたときに必要となる色々な書類集めや手続き、準備、情報収集などを代行してくれたり、必要なアドバイスをくれたり、渡航してからの現地サポートも行ってくれます。

エージェントも沢山ありますので迷いますが、選び方のポイントは自分が留学しようと思っている都市の情報に強く、特化しているエージェントを選ぶことがおすすめです。
ではここから、チャペルヒル留学をサポートしてくれるおすすめの留学エージェントを詳しくご紹介していきたいと思います。

U.S.COLLEGE CONNECTIONS

アメリカ留学に特化し、専門的にサポートを行うUSカレッジコネクション。現地アメリカからサポートしてくれる心強さは、留学生にとって大きなポイントです。

語学留学はもちろん、大学進学、編入、高校進学、スポーツ留学、インターンやオペアなど、それぞれの留学の形を実現させることを目的としています。パッケージ留学もありますが、個人の希望や願い、目的や予算に合わせたカスタマイズ留学にも定評があり、専門アドバイザーによる親身なサポートが特徴的です。

留学前には必ずカウンセリングがありますが、スカイプでカウンセリングも可能ですのでどこにおられても問題ありません。アメリカ現地オフィスなので、ビザに関する最新情報の取得も早いですし、迅速に現地の学校と連絡を取ることもできるので、実に効率良く留学準備が進みます。ノースカロライナ州のチャペルヒルへの留学希望の際にも、是非ご相談ください。

Avenir(アヴニール)

Avenirのアメリカ留学サポートは、主に中学生から大学生の留学希望者を対象に留学カウンセリングや現地サポートを行っています。本社は愛知県にありますが、現地でもサポートを行っており、実際に留学した先でも安心です。

Avenirは、人件費や広告費などをできる限りカットし納得の行く良心価格を提供していますし、留学生それぞれにあった情報や人の紹介を通じて、夢の実現のお手伝いをしたいと考えています。

サポート内容としては、無料留学相談(カウンセリング)はもちろん、出発前の最終オリエンテーションまでの事前サポート、教育機関への入学手続代行、入学許可書の取り寄せ、滞在先の手配、滞在証明書の取り寄せ、空港送迎、海外送金、海外保険の手配、航空券の手配、現地でのトラブル対応、病気の時の対応もこなします。

アメリカ留学専門エージェントですから、アメリカ国内の最新情報は欠かさずに更新していますので、適切なアドバイスを行えると自負しております。チャペルヒルへの留学をお考えの際には、是非ご相談ください。

チャペルヒル留学 まとめ

ノースカロライナ州にある温暖な街、チャペルヒル。四季があり過ごしやすい気候に加え、不便なく日常生活を送れる環境の良さや治安の良さが魅力の土地でもあります。

またチャペルヒルには、幾つかの有名大学があり、そこに集まる留学生たちによって街には活気が溢れています。学生が集う教育都市と言う一面と同時に、自然を楽しめる場所も近郊に多くあり、コンパクトながら全体的にバランスが取れた街です。大変便利な田舎町と称されることも多く、全米の中でも住みやすい街として上位に名前が上がります。

集まっている留学生の中にも日本人も少なくなく、アジア系の国籍、人種の学生も多く見られます。いろんな人がいるのが当たり前の環境ですので、住民もリベラルな思想を持っていて、違う国籍の人に対しておおらかな傾向があります。外国の地で暮らす留学生にとっては、実にありがたい雰囲気なのではないでしょうか?

また便利な割には、他の人気留学地に比べると物価も比較的リーズナブルで、上手く工夫すれば無理なく生活することが可能です。そんな環境も留学生にとっては、魅力的なのでしょう。まずは事前にチャペルヒルに関する沢山の情報を収集し、留学エージェントに協力してもらいながら、自身の最適なプランを立ててみることをおすすめします。