アメリカ留学 2019/7/9

シャーロッツビル留学の人気秘訣とは?5つのメリットと必要な費用の概算まとめ

シャーロッツビル留学の人気秘訣とは?5つのメリットと必要な費用の概算まとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.から車で2時間の場所にある、シャーロッツビル。便利な立地に加え、住みやすい環境もピカイチで、有名な大学を有する教育都市ともなれば留学候補地として学生たちに人気があるのも納得です。この記事では、シャーロッツビル留学の人気秘訣と5つのメリット、その他必要な費用の概算まとめを解説しています。

シャーロッツビル留学は日本人にも人気?

アメリカ合衆国バージニア州中央部に位置する都市、シャーロッツビル。シャーロッツビルには、バージニア大学を設立したアメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソンの邸宅モンティチェロがあり、世界遺産にも選ばれていることから、毎年何万人もの観光客が訪れる場所でもあります。

しかも、シャーロッツビルは【都市ランキングと評価】(Cities Ranked and Rated)という本において物価や気候、QOLなどに基づいて、アメリカ国内で最も住みやすい都市に選ばれた優良都市。そのためアメリカ国民のみならず、様々な国籍の人が移住する人気都市なのです。その中には少なからず日本人も含まれており、留学生も多く見られます。

実はシャーロッツビルは、有名大学バージニア大学を中心とした大学都市であり、教育機関が数多く集まっています。ですから、世界中から様々な国籍の留学生が集まり、街全体に活気があります。シャーロッツビルの人口は約5万人と言われていますが、なんとそのうちの40%にあたる約2万人が学生!まさに大学を中心に街が回っているのです。留学生にとっては過ごしやすく、理想的な都市であることは一目瞭然です。

シャーロッツビル留学のメリット

留学先として人気のバージニア州、シャーロッツビル。ですが、ただ有名な教育都市で便利な街だから人気があるというわけではありません。シャーロッツビル留学には他にも沢山のメリットがあるゆえに、多くの人に選ばれているのです。特徴的なものを挙げるとすれば、このようなメリットが考えられます。

  • 教育機関を中心にした街作りが魅力
  • 大都市へのアクセスが良い
  • 住みやすい街としての評判も良い
  • 日本人が多すぎないので勉強に集中できる
  • 多様性を体験できる魅力がある

ではここから、シャーロッツビル留学のメリットについて一つずつ詳しくご紹介します。

教育機関を中心にした街作りが魅力

シャーロッツビルは、第3代大統領のトーマス・ジェファソンが創立したバージニア大学がキャンパスを構える有名な教育都市です。バージニア大学は、アメリカの州立大学の中でも指折りの名門校で、パブリックアイビー(名門州立大学の総称)の代表校でもあるので、アメリカ人だけではなく、世界中の留学生たちの憧れでもあります。その影響もあるのか、バージニア大学以外にもヴァージニア大学ロースクールやビジネススクールとして有名なダーデン・スクール・オブ・ビジネス – ユニバーシティ・オブ・バージニア、コミュニティカレッジなどのレベルの高い教育機関が揃います。

人口の約40%が学生と言う数字からも分かる通り、街全体が大学や教育機関を中心に動いており、留学生への理解や配慮も深い場所です。実際、夏休みなどの学生が長期休暇に入ると、ほとんどが実家に帰ったり、インターンをしに他の都市に行ったりするので、街がガラーンと静かになるというほど。留学生にしてみれば勉強しやすい環境であることは間違いなさそうです。

大都市へのアクセスが良い

シャーロッツビルはバージニア州の真ん中に位置しているため、アクセスの良い位置関係にあります。アメリカの首都であるワシントンDCは車で2時間ほど。ちょっとしたドライブや買い物でも気軽に行ける距離です。またワシントンとその程度の距離なら、飛行機などの交通機関の利用も便利。日本から渡米する際にも比較席最短時間で到着できます。

また、ワシントンDCにはホワイトハウスや議会、世界的に名高い研究所や国際機関が集まっているため、周辺の大学の学生たちの多くが立地を生かして、国際機関や公共機関などでインターンシップに参加することができます。ワシントンDCで暮らすのは予算が足りないとしても、近くのシャーロッツビルであれば現実的というわけです。もし、政治学や国際関係学に興味がある留学生なら、シャーロッツビルは最適の留学地でしょう。

住みやすい街としての評判も良い

シャーロッツビルは、アメリカ国内で最も住みやすい街に選ばれたこともあり、気候や物価、住みやすさの点でも高く評価されています。住人の多くが高所得者もしくは高学歴者と言う傾向も色濃く関係し、治安が良く住みやすい環境と言われています。

しかも、外国人が食生活で苦労する心配もなし!多国籍レストランの数がとても多く、種類も充実しています。アメリカ人には必須のハンバーガショップやステーキハウスはもちろん、フレンチもあり、東南アジア料理もあり、和食、ムスリム対応の飲食店まで揃っています。

留学生が慣れない食生活にストレスを感じたり、それが原因で体調を崩すことは多いものですが、シャーロッツビルの場合、その心配は皆無のようです。もちろんいつも外食できるわけではありませんが、母国の食べ物がいつでも食べれるという安心感は、外国で生活する留学生に取って心強いものです。

日本人が多すぎないので勉強に集中できる

シャーロッツビルは、いろんな人種の学生で溢れていますが、日本人留学生は比較的少ない傾向があります。いないわけではありませんが、アジア人自体の留学数が少ないため、他の国籍の学生に比べて少ないのは仕方のないことです。

ですが、日本人が多すぎないことにはメリットもあります。どうしても周りに他の国籍の学生しかいなければ、嫌でも英語でしゃべらなければならないので、どっぷりとアメリカ生活に浸かることができ、英語力を鍛えることができます。

日本人がいると母語で話すことが多くなるので、英語が上達しにくいというのは周知の事実ですから、ストイックに語学力を磨きたい方は、日本人の少ない環境に身を置くことをおすすめします。シャーロッツビルは、そのような方にピッタリです。

多様性を体験できる魅力がある

世界的に見てもアメリカは有数の多国籍都市です。シャーロッツビルも例外ではなく、多くの人種、国籍、民族が入り混じって生活しており、多様性を体感することが出来ます。

シャーロッツビルで一番有名なバージニア大学にもその多様性が色濃く表れており、在校生の国籍は実に様々。黒人:10%、アジア系:14%、ヒスパニック系:5%その他:5%、昔は白人だけの入学が許されていたこの名門大学でも、現在白人の生徒の割合は3分の2以下ともいわれているほど、多様性が見られています。そのため、時には日本人には到底考え付かないような考え方に出会えたり、びっくりするような生活習慣を目にしたりと、色んな刺激があります。初めは戸惑うこともあるかもしれませんが、多様性を受け入れ広い考え方を持つことは、必ず自身の人生の幅を広げてくれます。

また留学期間中に外国人の友人が増え、留学が終わってからもお互いの国を行き来して交友を深めている人も少なくありません。多様性が魅力のシャーロッツビルに留学することで、一生の友人を作ることができるかもしれないのです。

シャーロッツビル留学のデメリット

メリットがいっぱいのシャーロッツビル留学ですが、もちろんネガティブな要素がないわけではありません。実際に生活するわけですから、メリットを知っておくのはもちろんのこと、デメリットについても理解しておくことは大切な事でしょう。事前にシャーロッツビル
留学のデメリットについて知り、納得したうえで渡航すればストレスを最小限に抑えることができるはずです。
考えられるデメリットには以下のようなものがあります。

  • 気温の変化が大きく体調管理が難しい
  • 有名な学校ほど卒業は至難の業

ではここから、シャーロッツビル留学のデメリットについて一つずつご紹介していきます。

気温の変化が大きく体調管理が難しい

アメリカの多くの都市と同様、シャーロッツビルにも四季があり、それぞれの季節に美しさがあります。春の桜、夏の観光シーズン、秋の紅葉、冬には山スキーを楽しむことも。ただし四季があるということは、1年の内で気温の変化もめまぐるしいということでもあります。

日本人は四季に慣れているので、気温の変化には比較的強いかもしれませんが、シャーロッツビルの気温差は日本よりも激しいようです。最も寒い1月は-3℃以下まで下がり、最も暑くなる7月は30℃前後まで上がります。

温度の変化があれば、着るものも沢山必要になりますし、暑さ対策、寒さ対策もしなければならないので荷物も増えます。また体調管理も難しくなるでしょう。風邪をひくことが多くなったり、冷えからくる体調不良に悩む留学生も少なくありません。

有名な学校ほど卒業は至難の業

留学の目的は人ざまざまで、語学習得のために現地で語学学校に通うという方もいますし、有名な大学に入学もしくは編入するために留学する方も少なくありません。シャーロッツビルの場合も、語学学校やコミュニティカレッジを卒業することはさほど難しくないかもしれませんが、大学の卒業はかなりハードルが高いといいます。

これはアメリカの大学あるあるですが、【入学するのは簡単、卒業するのは困難】というもの。有名な大学であればあるほど、このハードルは上がります。基本的にアメリカの大学には日本のように徹底された入学試験というものはなく、入るのは比較的簡単なのですが、卒業するには大量の課題やエッセイの提出が義務付けられていて、GPA平均を2.0以下を切り続けると強制退学になるなど、厳しい傾向が見られます。必死に勉強しなければ卒業出来ない仕組みなのです。

そのため、留学生の中にはドロップアウトして母国へ帰国する人も多いといいます。語学学校から大学へ何年も入学できなくて諦めたり、語学能力が追い付かず大学講義を理解できなくて成績不振によって強制退学になったり、高額な学費を払えなかったり。シャーロッツビルにある大学も有名でレベルの高いものが多いですから、このような事態になってしまう可能性も否定できません。

シャーロッツビル留学実現のために必要な費用の概要

レベルの高い教育と留学生にとって過ごしやすいという環境が揃っている、シャーロッツビル。立地の良さや便利さも兼ね備え、治安も良いとなれば多くの留学生の人気候補地になるのも納得です。とはいえ、留学を実際に実現させるためには先立つものが必要。まずは必要な費用の計算です。この準備をきちんと行っていなければ、留学を成功させることはできないからです。

留学生活に必要な費用の概算は、それぞれの滞在方法、生活スタイル、学校の違いによって大きく異なります。平均的に必要だと言われているシャーロッツビル留学の費用は、1カ月約44~47万円前後と言われています。具体的な内容例を以下に示しています。

●語学留学した場合の費用(参考にしていただける例)
項目 費用
航空券(往復) 12万円
語学学校 15万円
滞在費 13万円
交際費 3万円
海外旅行保険 2万円
合計 約45万円

※この費用の中にはビザの申請費用や食費などを含む生活費は含まれていません。実際にはこの価格よりも上回る可能性が高いので、あくまでも参考価格としてご覧ください。

語学学校の費用

シャーロッツビルに語学留学する場合、学校の授業料として毎月大きな金額が出ていくので、学校選びは慎重に行う必要があるでしょう。金額は留学時期や場所、期間、学校のレベルによって異なりますが、シャーロッツビルの語学学校の授業料は平均で、1ヶ月14~18万円を目安にしておくと良いかもしれません。

●語学留学した場合の期間別費用の目安表格
期間 費用の目安
1週間 約10~15万円
1ヶ月 約25~40万円
6ヶ月 約180~200万円

※この費用の目安には、航空券(往復)と語学学校の学費、滞在費、生活費が含まれていますが、その他の必要な費用は含まれていませんのでご注意ください。

シャーロッツビルには、第3代大統領トーマス・ジェファーソンが自ら設計し創立したパブリックアイビー(名門州立大学の総称)の一つ、バージニア大学があります。世界的にも有名なため、シャーロッツビルに留学する多くの留学生がバージニア大学への入学、もしくは編入を目指します。ただし、バージニア大学の合格率は約27%とかなり難易度高し。そのため、留学生たちの間で一番効率が良いと言われているのが、2年間語学学校やコミュニティカレッジに通い、語学スキルを固めてから編入するという方法。留学生には人気の方法です。
他にもバージニア大学だけに限らず、シャーロッツビルは教育都市なので多くの学校が揃います。少人数制の語学学校から大学付属の語学学校まで様々なタイプの語学学校があり、自分に合った語学学校を見つけることが可能です。

また学校によっては、アメリカの文化を学ぶクラスや放課後のアクティビティーが豊富なところもあるので、チェックしてみてください。ただし内容が充実していればしているほど学費は高くなるので、自分の予算と比較しながら選びましょう。

滞在費用

シャーロッツビル留学の際に必要な費用の中で大きなウエイトを占めるのは、何と言っても滞在費。シャーロッツビル特別物価が高いわけではありませんが、大都市ワシントンDCまで車で2時間という便利な立地も関係してか、滞在費は決して安くはありません。事前にきちんと確認し、予算を立てておく必要があるでしょう。

留学の滞在費用は選ぶ方法によって大きく異なりますので、個人によって組まなければならない予算の金額は変わってきます。シャーロッツビルの場合、寮、ホームステイ、ルームシェアが一般的です。

寮の場合の費用

●シャーロッツビルで寮生活をする場合の費用目安:年間平均100万~160万円前後
シャーロッツビル留学で寮生活をする場合、語学学校や大学などが運営、管理している施設で滞在するという方法が一般的です。学校から近いというメリットがあり、同じ目的を持った同世代の友人が沢山いるので楽しい生活を送れることは間違いありません。比較的語学学校や大学が固まっているスクールエリアにあることが多く、治安も良いほうなので留学初心者や女性でも安心して暮らせます。

費用は寮の築年数や部屋のタイプ、様々な制約あり(女性専用棟があるなど)によって変わりますので、事前にチェックしておくべきです。学校のホームページでも説明されていますし、留学エージェントに依頼して情報を確認してもらいながら決めることができるでしょう。

ホームステイの場合の費用

●シャーロッツビルでホームステイをする場合の費用目安:年間平均120万~175万円前後
シャーロッツビル留学でホームステイをする場合、費用の目安は大体寮の場合と変わりありません。ホスト先は色んな場所に点在しているので自分の好きなところを選ぶことができますが、普通の家庭なので一般的に郊外に多い傾向があります。当然、中心地に住んでいるホストファミリーにお世話になれば予算は多くかかりますし、少し不便でも郊外を選べば予算を少なめに抑えることができます。

友人つながりでホームステイ先を探すこともできますが、安全性などの問題もあるので留学エージェントに依頼して探してもらう方法がスムーズで安心できるでしょう。
      

ルームシェアの場合の費用

●シャーロッツビルでルームシェアをする場合の費用目安:年間平均105万~210万円前後
シャーロッツビル留学でルームシェアをする場合、一軒家やアパートを数人でシェアして暮らすことが可能で、多くの若者に人気の滞在方法です。比較的自由に暮らせますし、友達との絆も強くなり、海外生活の醍醐味をじかに味わえるのが魅力の一つでしょう。

ただしルームシェアをする家の場所をどこに定めるかで費用は大きく変わってきます。中心地であれば便利ですが高くなりますし、郊外であればちょっと不便ですが費用は抑えることができます。シャーロッツビルは大学町で留学生も多いので、ルームシェア向きの物件は比較的容易に見つけることができるでしょう。

渡航費用

●シャーロッツビル留学で必要な渡航費用の目安:平均10万~15万円前後
シャーロッツビルに渡航する場合、多くの人が飛行機で移動します。高いイメージがある飛行機代ですが、ローシーズンやトランジットが長い便の飛行機を選べば比較的安い金額でチケットを取ることができます。

日本から行く場合は、一番最寄りのシャーロッツビル空港を利用するのが一般的ですが、その他にもワシントン ダレス国際空港やボルチモア・ワシントン国際空港を利用することもできます。比較的便数は多いので、航空券の購入はスムーズに済むはずです。

海外保険費用

●シャーロッツビル留学で必要な海外保険費用の目安:平均1ヶ月1万5000円~2万円前後
海外で生活する場合、海外保険に加入することがすすめられています。もちろん義務ではなく任意のものですが、急なケガや病気は自分でも予測不能ですし、いざという時のための備えは必要です。

海外の医療費は日本のように保険負担が適用され、手ごろな価格で済むというものではなく、基本的には実費。そのため高額な治療費を払えなくて病院に行けないという人も多いものです。前もって海外保険に加入しておくなら、もしもの時に助かります。

ビザの申請費用

●シャーロッツビル留学で必要なビザの申請費用:1万8000円
シャーロッツビルに留学する場合、語学学校や大学へ通う場合はFビザ、専門学校に通うならMビザを取得する必要があります。アメリカ滞在期間が90日以下であるならば、観光旅行と同様でビザ免除プログラム(Visa Waiver Program: VWP)で入国できますが、留学の場合は長期になることがほとんどなので、ビザの取得は忘れないようにしましょう。

アメリカは、入国審査やビザの取得に関してはとてもシビアですので、抜け目がないように留学エージェントなどのプロに手続きを手伝ってもらうと安心です。

生活費用

●シャーロッツビル留学で必要な生活費用の目安:平均175~205万円前後
シャーロッツビルは大都会ではありませんが、物価は日本と同じ位と考えておいた方が良いでしょう。学生が多い街だと物価が安いのではないかと考える方も多いようですが、必ずしもそうではありません。

特にシャーロッツビルだけに限らずアメリカ全般ですが、外食に関しては日本よりも金額が上回る傾向が高いようです。時には友達との付き合いで外食もすると思いますが、何も考えずに外食ばかりしているとすぐに生活費が底をついてしまいます。

そのためにも安いディスカウントストアで買い物したり、自炊をするなどして費用を抑える工夫をする必要があるでしょう。地元の人に聞いてお得なお店を教えてもらったり、スーパーの安売りの時を狙うなどするなら、生活費を抑えることは十分に可能です。

シャーロッツビル留学をサポートしてくれるおすすめの留学エージェント

どんなにメリットがいっぱいある留学先でも、やはり海外生活であることに変わりはありませんから、心配や不安が尽きないという方も少なくないはずです。ですが、留学という誰しもが経験するわけではない特殊な状況なので、相談といっても限られてしまいます。留学準備は自分一人で行うこともできますが、時間も労力も浪費するものなので、専門家に手伝って行う方が効率が良いのは当然です。

そんな時に頼りになるのが、留学エージェントの存在。留学エージェントは、実際に留学が現実的になってきたときに必要となる色々な書類集めや手続き、準備、情報収集などを代行してくれたり、必要なアドバイスをくれたりします。

留学エージェントも色々あるので迷いますが、選び方のポイントは自分が留学しようと思っている都市の情報に強いエージェントを選ぶことです。
ではここから、シャーロッツビル留学をサポートしてくれるおすすめの留学エージェントを詳しくご紹介していきたいと思います。

ICC国際交流委員会

創業から30年以上の歴史を誇る留学エージェント、ICC国際交流委員会。教育機関や教育省と連携し、質の高いプログラムを豊富にそろえ、留学に関する相談も全国で開催しています。日本国内では、東京、名古屋、横浜、大阪、京都、福岡などの大都市で行っており、対象年齢も絞らず、幅広く門を広げています。

柔軟な留学プランが魅力で、海外の大学と提携した独自のビジネス留学や学位取得のための高校、大学、大学院留学、海外インターンシップやエアライン留学など自由自在。留学生一人一人の意思と希望を最優先させてサポートしてくれます。

渡航前の相談はもちろん無料、渡航中や渡航後のキャリアまで総合サポートをしてくれるので、安心してお任せできます。

ウインテック留学センター

オーダーメイドの留学プランをいち早く打ち出し、留学生に寄り添ったプランを提供してきた、ウインテック留学センター。特にアメリカなどの英語圏の国々を中心に総合的分野を手がけ、多様なニーズに対応している留学エージェントです。

親身なサポート内容が魅力で、英語インタビュー診断や留学準備オリエンテーション、英会話レッスンなど、留学についての心配や不安を打ち消すための対策に力を入れています。普通の語学留学も人気ですが、短期のリフレッシュ留学や進学留学、趣味留学など幅広いジャンルも対応しています。

自分自身のプランが定まっていなくても、丁寧にカウンセリングを行ってくれるので、まずは相談から始めてみることをおすすめします。

シャーロッツビル留学 まとめ

アメリカ合衆国バージニア州にある都市、シャーロッツビル。世界遺産であるモンティチェロや有名なシェナンドー国立公園など、たくさんの観光スポットがあり、世界中から観光客が訪れます。またシャーロッツビルは、都市ランキングと評価という本の中でも、物価や気候などの要素においてアメリカ国内で最も住みやすい都市に選ばれた場所でもあります。

しかもそれに加えて、アメリカ合衆国第3代大統領のトーマス・ジェファーソンが設立した有名なバージニア大学を有する教育都市でもあるので、留学生からも人気の都市となっています。ですが、多国籍な留学生の中でもアジア人はまだまだ少なく、日本人留学生は特に多くはないので、英語の語学能力を上げるには最も適した場所ともいえるでしょう。

滞在費や生活費などの選択肢を賢く考慮すれば、留学費用を抑えることは十分可能ですから、事前に沢山の情報を収集して最適のプランを立ててみましょう。そうすれば、シャーロッツビル留学はより現実的になるはずです。