アメリカ留学 2019/6/12

アマースト留学の費用と5つのメリット!日本人に人気の秘訣についてもご紹介

アマースト留学の費用と5つのメリット!日本人に人気の秘訣についてもご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのマサチューセッツ州に位置し、静かでのどかな街、アマースト。沢山の森や山に囲まれており、静かに穏やかな暮らしをしたいというアメリカ人にも人気の場所です。ですが、好んでいるのはアメリカ人だけではありません。

実はこのアマーストには世界的にも有名な大学がいくつも点在しており、教育に力を入れた街でもあるため、世界中から留学生が集まる学生の街でもあるのです。この記事では、アマースト留学の費用と5つのメリットに加え、日本人に人気の秘訣についても解説します。

アマースト留学が日本人に人気の理由

アメリカ合衆国ボストンから西へ約140km、ニューヨーク市から北東約280kmにあるマサチューセッツ州西部、アマースト。コネチカット川バレーのハンプシャー郡に位置する小さな街です。自然が豊かであり、静かな環境が魅力で、住みやすい田舎といった雰囲気。山や森、リンゴ畑も多く、酪農やフレッシュなローカルビールが有名です。

そんなのどかなイメージのアマーストですが、実は多くの住民が学生という珍しい街でもあります。人口数を割合で見てみると、18歳未満: 12.8%、18-24歳: 50.0%、25-44歳: 17.2%、45-64歳: 13.4%、65歳以上: 6.6%とあり、何とも若い!こんなに若者が多い理由は何かというと、この地域に有名な大学や教育機関が集中しているからなのです。世界的にも有名なマサチューセッツ大学のアマースト校、アマースト大学、ハンプシャー・カレッジが点在しているため、世界中から留学生が集まり、活気ある街になっているのです。

これらの教育機関のおかげでアマーストは、常に国内でも革新的にリベラルな地域と見なされており、教育と芸術の町、進歩的な考え方、権威ある大学、学生数の多さからハッピー・バレーとも呼ばれるようになりました。アマーストに集まる留学生はまさに多国籍ですが、意外にアジア人も見られ、全体的に見れば日本人も少数ですが見られます。何しろマサチューセッツ大学といえば有名な大学ですから、入学、もしくは編入のために留学を目指す若者は少なくないことでしょう。

アマーストは、高度な教育を受けたい、また静かな環境で勉強に集中したいという条件を満たしており、そのような条件を好む日本人留学生に人気の留学地なのです。

アマースト留学のメリット

豊かな自然とのどかな雰囲気、温かな住民が魅力的な街、アマースト。顕著な特徴は、有名な大学が多いこと。そのため世界各地から集まった多国籍な若者が多く、活気にあふれています。大都市ボストンにも、バスで2~3時間で行けます。いつでも行けるという距離ではないかもしれませんが、気晴らしや週末の買い出しにはぴったりの位置でしょう。

そんな魅力的な土地アマーストですが、留学地として人気の秘訣は決してそれだけではありません。
他にもアマースト留学のメリットには、このような要素が考えられます。

  • 教育レベルが高いので鍛えられる
  • 交通費がほぼかからない
  • コンパクトな町なので静かに勉強できる
  • 芸術や美術関連の施設が多いので感性を磨ける
  • 治安が良いので安心

ではここから、アマースト留学のメリットを一つずつ詳しくご紹介していきましょう。

教育レベルが高いので鍛えられる

全米でも高い評価を得ている大学が揃う、アマースト。とくに有名なのは、マサチューセッツ大学アマースト校とアマースト大学です。質の高い教育を提供することはもちろん、講師や教授のレベルや質にも定評があります。

世界的にも有名ということもあり、色んな国籍の学生たちがこれらの大学に入るためにアマーストに訪れます。選りすぐりの学生たちが集まるということもあり、アマースト周辺の大学レベルはとても高く、競争率も高いので、合格ラインも年々厳しくなりつつあります。自分を試し、限界まで頑張りたいというストイックな方にはぴったりの留学地と言えるでしょう。

交通費がほぼかからない

アマーストでの移動手段と言えば、大抵の場合バスになります。車移動が便利ですが、学生ならば現実的にバスで移動している人がほとんどでしょう。実は、アマーストでは地元自治体政府と有名大学によって設立されたパイオニア・バレー交通局 (PVTA)が地域の公共交通を取り仕切っていて、学校の授業がある期間は週末でも早朝から運行されており大変便利。

しかも、学生や学校関係者は運賃無料という好待遇!アマーストで利用するバスの乗車賃は、パイオニア・バレー交通局に加盟している教育機関が前払いしているため、どのバスに乗る時も身分証を提示するだけでOK!留学生に取っては何ともありがたいシステムです。

コンパクトな町なので静かに勉強できる

アマーストは、アメリカで人気がある他の留学地のように大都市ではありません。人口4万人弱の小さな街で、酪農や農業に従事している住民が多く、静かでのどかな土地です。

便利さや快適さを求める方にすればアマーストは物足りないかもしれませんが、自然の中で穏やかに、マイペースに勉強したいという方にとってはまさに理想の場所になるはずです。ある意味、アクティビティや観光地も少ないので、誘惑や勉強の妨げになることも少なく、勉強漬けになりやすい環境が整っています。

芸術や美術関連の施設が多いので感性を磨ける

アマーストには大学が多いため教育に力を入れている印象が強いですが、その一方で若者の感性を磨く取り組みも活発に行われています。街の中には芸術や美術関連の施設も少なくなく、学業以外の感性も磨き、それを勉強にも生かしてほしいという教育者達の意向も感じ取れます。

例えば、芸術と独立系映画を見せる劇場であるアマースト映画芸術センターやアマースト大学内にあり、アメリカ美術の18,000点を収蔵しているミード美術館も良く知られています。他にも、エリック・カール絵本美物館、アマースト大学自然史博物館、ヒッチコックの足跡化石学キャビネットなど興味をそそるものも多く、街の中にすべて揃っているので、学業の合間や留学期間中に訪れることができます。

治安が良いので安心

アマーストは治安が良い場所としても知られています。小さな街で人口が多くないということも関係しているようですが、学生が多い街でもあるので地域の防犯対策もしっかりしています。

夜でも田舎の割には街灯を沢山つけ明るくしていますし、公共機関であるバスも利用者が多い路線は夜中まで走り、帰る術がないなんてこともありません。学生たちが困らないように、という配慮が街中に見られ、非常に安全で暮らしやすいというメリットがあります。

アマースト留学のデメリット

静かな環境で語学勉強に集中でき、高いレベルの教育を受けることが可能なアマースト留学。留学生たちに人気がある理由はよく分かりますが、実際に海外で生活するとなると色んな問題点やデメリットも出てくるものです。その土地ならではの悩みや問題点、注意点もありますし、その都度対応していかなければならないこともあります。

留学するとなればある一定の期間、その場所で生活するのですから、留学先のデメリットに自分がうまく対応できるかどうかを事前に確かめておく必要があります。それは留学生活を成功させるための秘訣でもあるのです。
アマースト留学で考えられるデメリットには以下のようなものがあります。

  • アクティビティが少なくストレス発散が難しい場合も
  • 田舎なので閉鎖的な考えを持つ人もいる

ではここから、アマースト留学のデメリットについて一つずつ詳しくご紹介します。

アクティビティが少なくストレス発散が難しい場合も

アマーストは留学地としてお勧めの場所ですが、非常に小さな街ですので、アクティビティが少ないという難点があります。学生なら休みの日は遊び回りたい、ストレス発散したいという気持ちが強いかもしれませんが、そんなに豊富に選択肢がないのが悲しいところ。

アマーストの最大の強みは、雄大な自然を満喫できるところ。山や森も多いので、ゆっくり散歩したり、サイクリングしてリフレッシュすることができます。また酪農家が多いので牧場やリンゴ畑を散策したり、ローカルな醸造所も点在するので、お酒好きであれば友達と一緒に飲み比べを行うこともできます。

他にも芸術関連の施設も多いので、美術館巡りや博物館巡りもできます。とはいえ、一般的に若い人が好むテーマパークや大きなショッピングモールなどがあるわけではないので、物足りないという留学生も少なくないよう。都会に出て遊ぼうと思うと、バスに乗ってボストンまで行くのが一般的ですが、2~3時間はかかるので往復で考えると毎週行ける距離ではないかもしれません。

家の中で十分リフレッシュできるという方にはぴったりなアマーストですが、外で色んなことを楽しみたいと思って留学した人にとっては、少し窮屈に感じる可能性もあります。   

田舎なので閉鎖的な考えを持つ人もいる

アマーストは小さな街ですが、いろんな国籍や人種が混じっています。意外にもアジア系も在住しており、比率で見ると白人: 76.7%、アフリカン・アメリカン: 5.10%、ネイティブ・アメリカン: 0.21%、アジア人: 9.02%、太平洋諸島系: 0.09%、その他の人種: 2.89%、混血: 3.35%、ヒスパニック・ラテン系: 6.19%となります。もちろん、この数字には一定の期間だけ在住している留学生も含まれていますので、数字に変動があるのは事実ですが、全体的に見れば多国籍で外国人の受け入れに柔軟であることが分かります。

とはいえ、やはり田舎は都会に比べて保守的な考え方の人が多いのが事実。アマーストの半数以上は白人で、長くからこの土地に住んでいる人も多く、他の人種に偏見や強い嫌悪感を感じる方もいます。アメリカは白人至上主義の思想が根深いですから、田舎では特に年齢層の高い方が集中するため、古い考え方が固執しがち。アジア人は特に歴史的背景もあり、偏見を持たれたり、いじめを受けることがあるので、そのような可能性があるということは覚えておく必要があるでしょう。

とはいえ、留学生の受け入れにも慣れており、比較的オープンな雰囲気があるアマーストですから、過度に心配する必要はないかもしれません。

アマースト留学実現に必要な費用の概要

アマースト留学実現において、やはり一番気になるのは費用の問題でしょう。留学期間や学校選び、滞在方法などによって必要な費用の金額には差が出ますが、すべての留学生がまずは必要な情報を集め、予算を立て、その中でベストな留学プランを練っていく必要があります。

アマーストの場合、大都市ではないので物価もそんなに高くなく、費用を比較的リーズナブルに抑えられるかもしれません。アマースト留学に必要な費用は、1ヶ月につき平均で38万~42万円前後と言われています。もちろん生活スタイルや選ぶ学校の違いなどで必要な費用の概算は異なりますが、一般的に参考にされている金額例を以下に示しています。

●語学留学した場合の費用(参考にしていただける例)
項目 必要な費用
航空券(往復) 10万円前後
語学学校 16万円前後
滞在費 10万円前後
交際費 2万円
海外旅行保険 2万円
合計 40万円程度

※この費用の中にはビザの申請費用や食費などを含む生活費は含まれていません。実際にはこの価格よりも上回る可能性が高いので、あくまでも参考価格としてご覧ください。

語学学校の費用

アマーストに語学留学する場合、一番大切な費用となるのは学費です。もちろん金額は一律ではなく、留学時期や場所、期間、学校のレベルなどによって変化します。

アマーストは有名大学が多く、学業レベルも高い傾向にあるので競争率も高く、学費は高めに設定しておいた方が良さそうです。
平均としては年間340万円~450万円の費用を計画しておくことが必要です。

●語学留学した場合の期間別平均費用表
期間 費用の目安
1ヶ月 29~40万円前後
3ヶ月 85~120万円前後
6ヶ月 170~240万円前後
1年間 340~480万円前後

※この費用の目安には、航空券(往復)と語学学校の学費、滞在費、生活費が含まれていますが、その他の必要な費用は含まれていませんのでご注意ください。

アマーストの語学学校の授業料は、平均で1ヶ月あたり30万円弱が目安と言われています。もちろん大学や語学学校の種類によって、学費も変わります。授業のレベルや講師の質、倍率、教科の多さなどが学費に比例していることもあるので、長期留学の際は金額も大きいですので、特に慎重に選択することをおすすめします。

アマーストに留学する学生のほとんどは、有名大学への入学や編入を目的としています。そのため事前に語学力を身につけるために、語学学校に通ったり、コミュニティカレッジに通い、途中から大学に編入するというパターンが多く見られます。その際、語学学校に通っていた時の学費と大学に編入してからの学費には開きが生じるので、あらかじめ年間の学費をきちんと確認しておき、対応できるように準備しておきましょう。

滞在費用

  
アマースト留学で学費の次に大きな出費となるのは、滞在費。家賃は必ず出ていく固定費ですし、金額も大きいので節約しようがないようにも思えます。また海外では特に、滞在費は安全性の確保と比例するところがありますので、安ければ良いというわけでもありません。

とはいえ、滞在方法は幾つかの選択肢の中から選ぶことができ、自分の希望に合ったものを決めれるというメリットもあります。方法によっては費用を抑えることも可能なので、滞在費用の節約も夢ではありません。
アマースト留学の際、選択肢としては寮、ホームステイ、ルームシェアが一般的です。

寮の場合の費用

●アマーストで寮生活をする場合の費用目安:1ヶ月平均8万~12万円前後
アマースト留学で寮生活を選択した場合、滞在費用は上記に記した金額を参考にしていただけます。金額に差があるのは、寮の築年数、利便性、立地、入寮率などによって違いがあるからです。どうしても学校から近いとか、中心地にある寮なら高額になりますし、ちょっと不便でも郊外にある寮ならリーズナブルな価格になりやすい傾向があります。

寮では相部屋が基本で、多国籍の同性と共同生活をすることになります。寮によっては寮費の中に、ご飯代が含まれているものと含まれていないものがあるので、事前に確認しておきましょう。

寮の生活は本当に刺激的で楽しいものです。色んな国籍の留学生と仲良くなることができますし、様々な生活スタイルや文化を目にするので、自分の見方や考え方にも良い影響があります。

また寮は学校が管理していたり、提携しているので安全面も心配がありません。女性で初めての留学なら、大人の目が行き届いている寮生活は安心かもしれません。

ホームステイの場合の費用

●アマースト留学でホームステイをする場合の費用目安:1ヶ月平均7万~10万円前後
アマースト留学でホームステイをする場合、費用の目安は寮生活の場合とさほど変化はありませんが、若干安い傾向があります。ただし一般の家庭に入れてもらって生活するわけですから、学生同士の生活とはずいぶん雰囲気が異なります。現地人ならではの生活を体験できますし、学生以外の人に語学学校で学んだ英語を試す良い機会にもなります。

アマーストには大学などの教育機関が多いので、基本的に街の人たちは留学の受け入れに慣れています。ホストファミリーを長くしてくれている家族も少なくなく、すぐに馴染むことができる環境です。

留学生活の醍醐味ともいえるホームステイ。きっと良い思い出になり、勉強以外にも多くのことを学べる機会になるはずです。

ルームシェアの場合の費用

●アマースト留学でルームシェアをする場合の費用目安:1ヶ月平均12万~18万円前後
アマースト留学でルームシェアをしようと思った場合、費用はどこに住むかで大きく差が出ます。これは当然のことですが、中心地を選ぶと便利ですが費用は高くなり、郊外を選ぶと少し不便ですが平均価格はかなり下がります。

とはいえ全体的にコンパクトな町なので、郊外と言っても大学や学校から遠く離れているルームシェア用の家は少ないもの。大抵は教育機関の近くや治安が良い場所に確保してあることが多く、街の中を走っているバスにもどこからでも乗れるので、大変便利です。

アマーストは日本人の留学生がまだ多くないので情報が少ないため、もし語学力やリサーチ力に不安があるなら、地元に特化している留学エージェントに滞在手続きに関して手伝ってもらうと良いかもしれません。

渡航費用

●アマースト留学で必要な渡航費用の目安:平均10万円~13万円前後
実際にアマーストに行くために必要な渡航費は、留学費用の中でも特に必要な物でしょう。渡航するための手段は、大抵は飛行機が一般的ですが、決して多くの方がイメージしているほど高額なものではありません。時期や購入時期をよく考えれば、予算よりも低い金額で購入することは十分に可能です。世間が休暇の時は航空券も値上がりしますので、長期休暇後の時期を避けて購入したり、トランジットが長い乗継便は人気がないので安くなる傾向があります。

現在、日本からアマーストへの直行便は就航していませんので、最も近い空港としてコネチカット州ウィンザーロックスにあるブラッドレー国際空港 (BDL) を利用し、アマーストに車移動で1時間の旅が現実的です。の距離にある。また、ボストンのローガン国際空港 (BOS) を利用し、そこからバスや車で移動するという方法も良く利用されています。

海外保険費用

●アマースト留学で必要な海外保険費用の目安:平均年間20万円~30万円程度
海外に旅行する時や滞在する時に加入しようかどうか迷う、海外保険。もちろん義務ではなく任意ですが、加入していれば急な事故やケガ、病気に遭遇した時に大変助かります。良く海外に行かれる方はお存じのことと思いますが、海外の場合、治療費や薬代が実費になることがほとんどですので、海外保険に入っておかなければ賄える金額ではないということも念頭に置いておくべきです。

留学生が生活費用に充てる資金には限りがある場合が多く、その中で予算を立てますから、大きい額の海外保険まで賄えないと考える気持ちは分かりますが、異国の地でケガや病気になった時、自分だけで事態に対処するのは並大抵のことではありません。自分の身を守る手段として、手続きしておくことをおすすめします。

ビザの申請費用

●アマースト留学で必要なビザの申請費用:1万8000円
アマーストに留学する場合、滞在期間に関係なくビザの取得が必要となります。基本的に週18時間以上英語コースを受講する場合は学生ビザが必要となりますので、忘れないようにしましょう。

アメリカは入国管理やビザの取得に関してはかなりシビアですので、取得必須な事は肝に銘じておくべきです。もちろん手続きを自分で申請することができますが、不安な方は留学エージェントに代行して申請してもらう方がスムーズでしょう。

生活費用

●アマースト留学で必要な生活費用の目安:年間120万円〜200万円前後
留学生活で他に必要となる大きな経費は、毎日の生活費です。食費や消耗品、その他の必需品を購入する代金、交際費なども含まれることでしょう。この費用は特に個人差が大きく表れる分野でもあり、生活スタイルや元々の金銭感覚も関係します。

留学先として人気があるロサンゼルスやニューヨーク、ボストンなどの大都市と比べると、小さな街であるアマーストは家賃や物価が安めの傾向があり、留学生にとってはとても助かります。日本と比較するとほぼ横ばいです。

アマーストは酪農事業が盛んなこともあり、ミルクやチーズなどの乳製品は新鮮で安く手に入ります。また農業や果樹園農家もあるので、野菜や果物などにはあまりお金がかからないかもしれません。少し郊外に出れば大型スーパーマーケットもありますし、ディスカウントストアも揃っています。安く食材を購入して、自炊を心がけるなどすれば随分生活費を抑えることができるでしょう。

アマースト留学をサポートしてくれるおすすめのエージェント

留学準備は思っているよりも大変なものです。必要な提出書類を揃えたり、留学のための最新情報を集めたり、手続きに駆けずり回ったり、多くの時間と手間がかかります。留学と言う大きな目標のためですから無駄な事ではありませんが、沢山の時間がとられるので、留学のために必要な他の準備がおろそかになってしまう可能性もあります。

そんな方の力になってくれるのが、留学エージェントです。抜け目なく着実に留学準備を進めるためには、その道のプロである留学エージェントにサポートしてもらうのが賢明です。留学エージェントは留学に関する最新の情報を持っていますし、多くの留学生を見てきているので必要なアドバイスをしてくれるからです。

ではここから、アマースト留学をサポートしてくれるおすすめの留学エージェントを詳しくご紹介していきます。

留学情報館

幾つもの無料サービスとサポートに定評がある、留学情報館。英会話レッスン、勉強会、交流会、現地無料オフィス、就職サポート、適性診断、見積もりなど豊富に対応しています。留学先として人気があるアメリカを中心に、英語圏への留学を希望している人向けの無料留学エージェントとして長年人気を誇っており、インターネットの留学エージェント検索でも上位に名前が挙がりますし、留学関連業界内でも知名度があるエージェントです。

親切で丁寧な対応が印象的ですが、特に素晴らしいのは出発前と帰国後の英会話のレッスンが最大1年間無料でつくこと。多くの留学エージェントでは、留学前の無料英会話レッスンがついていることもありますが、帰国後も引き続きサポートを続けてくれるというのは珍しく、嬉しい限り。身に付いた語学力を維持できますし、そのどの就職や進路にも生かすことができます。

将来を見据えた留学経験を積んでほしい、そんな思いが見える心強い留学エージェントと言えるでしょう。

ISS留学ライフ

東京だけではなく横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台などの大都市でサービスを展開している、ISS留学ライフ。全国各地で留学相談会やセミナーを開催し、どこにいても相談でき、留学に関心を持ってほしいという気持ちが見えてくる、そんなエージェントです。

留学スタイルも柔軟性があり、個人の希望や目標、予算に合わせて幅広い留学タイプを提案してくれます。語学留学はもちろん、小中高校生が参加できる夏休み留学や世界的に人気の大学で体験する短期研修、ワーキングホリデーなど、多岐にわたるプログラムが魅力。

ほとんどが無料サポートですが、中には一部料金がかかるものもあるので事前に確認しましょう。良心的な価格設定と親身なサポートが評判のエージェントですので、ぜひ一度相談されてみるのはいかがでしょうか?

アマースト留学 まとめ

アメリカの北東部マサチューセッツ州にある大学町、アマースト。ボストンから約140キロ、ニューヨークから約250キロの場所に位置し、豊かな自然と静かな環境が魅力な小さな街です。農業や果樹園、酪農やローカルビールの製造が盛んですが、観光地ではないので人の往来も激しくなく、ゆったりと過ごすことができます。

その一方、アマーストは大学町と呼ばれている通り、学生たちが多く集う街でもあります。それは、世界的にも有名なマサチューセッツ大学のアマースト校、アマースト大学、ハンプシャー・カレッジなどが点在しているため。そのおかげで世界中の留学生から注目の的となっている土地でもあるのです。

アマーストは大都市でもありませんし、観光地でもありませんから、留学費用が高すぎて生活できないということはないかもしれません。ですが、アマースト留学だけに限ったことではありませんが、留学費用は予算に限りがありますから、事前にきちんとした計画を立てることが肝要です。

まずは必要な費用を計算し、留学エージェントのサポートを得ながら最適なプランを立てましょう。正しい情報を基にきちんと計画を立てれば、アマースト留学はより楽しく、充実した経験になるはずです。