イタリア留学 2019/10/28

ミラノ留学がおすすめできる理由とは?期待できる8つのメリットと必要経費も徹底解説!

ミラノ留学がおすすめできる理由とは?期待できる8つのメリットと必要経費も徹底解説!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションやインテリア、建築などさまざまな面で流行の最先端を行く、イタリア。その中でも屈指の都会と言われ、観光地としても人気があるのがミラノです。全体的にモダンなイメージが強いミラノですが、新旧が融合した美しい街並みも魅力の一つです。
また、ミラノコレクションやブランドストリートなどのファッション関連の最先端でもあるゆえ、語学留学だけでなく、ファッション関係の学校や美術、芸術、スポーツに関連した留学も多いのが特徴です。そのためミラノは、世界中から留学生が集まる教育都市としても有名なのです。
この記事では、ミラノ留学が人気の秘訣に加え、期待できる8つのメリットと留学に必要な費用について詳しく解説していきます。

ミラノ留学が日本人に人気の理由

世界中の人が憧れる美しい都市、ミラノ。イタリア北部に位置し、イタリア国内で第2の都市と認識されています。ヨーロッパ諸国の中でも有数の世界都市で、毎年多くの人が観光に訪れます。

ミラノと言えばやはり一番先に思い浮かぶのは、世界的にも有名なミラノコレクションでしょう。特にファッション業界の方や服飾に関連する職業の方なら、一度は訪れてみたいと感じる都市です。毎年2回行われるファッションウィークは世界4大コレクションの一つでもあり、世界的なファッションブランドがコレクションを発表し、一流ファッションエディターやブロガーがこぞってミラノへ赴きます。ミラノは昔からファッションの最先端を走る都市であり、来季の世界の流行を作る都市とも言われているほどです。街の中を歩いて散策するだけでも、ファッションやデザインの刺激を受け、イタリア一のおしゃれな街を体感することができるでしょう。

またミラノは非常に発展した都市でもあり、有名な観光地でもあるので、移動手段に困ることはありません。地下鉄やバスなど、各交通手段が充実していますので、どこに行くにもアクセスは良好。街の中に多くの大型スーパーやショッピングセンターもあり、都市部ならではの快適な生活が送れます。

そのような魅力的な環境ゆえ、ミラノに語学留学する学生は多いようですが、それだけではないのがミラノの凄いところ。学べるのはイタリア語だけではなく、ファッション都市の特徴を生かしてファッションやデザインの専門分野を学べたり、イタリア料理専修や美術関連の専門学校に留学する方も多く見受けられます。学べる分野が豊富にあり、留学のパターンが定着化していないところも、ミラノ留学の魅力の一つと言えるでしょう。

世界中から集まる留学生の中には、日本人を含むアジア人も多く見受けられます。留学生の国籍の割合としては、ヨーロッパ国籍の学生がダントツですが、それに続いてアフリカ系、中東、アジアの国籍の留学生も少なくなく、まさにグローバルな環境の中で生活できます。生活の便利さ、気候の良さ、留学プランの豊富さなど留学に適した条件が整っている都市ですので、世界中の留学生から注目されている理由も納得できます。

ミラノ留学のメリット

イタリアで第2の都市と言われる、ミラノ。ファッション好きならもちろん、ほとんどの方が知っている有名な高級ブランドが軒を連ねる、いわゆるファッションの最先端を作り出す都市です。ブランド好きにはたまらない場所ですが、その他にも観光名所が多くあり、毎年多くの観光客であふれる活気のある都市でもあります。

ミラノは都会ですので日々の生活に不便はありませんし、交通機関などの利便性も良いので、都市型の快適な生活を求めている方にとってはとても暮らしやすい環境でしょう。

また、ミラノは留学プログラムが豊富なことでも有名で、世界各国から留学生が集まる学生都市の一面も持ちます。語学留学はもちろん、ファッション、美術、芸術、音楽、建築、料理、スポーツなど豊富な分野の中から選考することができ、留学スタイルの幅が広いことが魅力です。ですから、個人の希望や目的、予算などに合わせてさまざまな留学スタイルを叶えることが可能な場所なのです。

とはいっても、ミラノ留学の人気の秘訣はそれだけではありません。他にも、ミラノに留学することのメリットにはこのような要素が考えられます。

  • 学費が安い国公立の学校が豊富
  • 留学スタイルの幅が広い
  • 交通機関が充実している
  • 過ごしやすい気候が魅力的
  • 奨学金制度を利用して留学できる場合がある
  • ヨーロッパ諸国を気軽に旅行できる
  • 治安が安定している
  • 明るく気さくな住民が多い

ではここから、ミラノ留学のメリットを一つずつ詳しくご紹介していきましょう。

学費が安い国公立の学校が豊富

ミラノには多くの留学生がいますが、その目的は人それぞれ。語学学校でイタリア語を学ぶという人もいれば、イタリア料理の専門学校に通う人、ファッション関連の学校でデザインを学ぶ人など幅広い留学スタイルが実現できます。

その中でも人気があるのが、ミラノに所在する大学に留学するスタイル。実はイタリア国内にはかなり多くの大学があり、特に都市部であるミラノには有名な大学が固まっています。例えば、ミラノ工科大学やミラノ大学、ルイージボッコーニ商業大学、サクロ・クオーレ・カトリック大学、ミラノ音楽院など。しかもそのうちの多くが国公立のため、学費が私立に比べると安く済むという大きなメリット付きです。国公立の大学に入ることができれば、年間約15万円~25万円、つまり年間50万円以下の学費で事足りてしまいます。歴史ある有名大学でも学費を抑えて学ぶことができるという環境は、留学生にとって嬉しい限りではないでしょうか?

しかもそれらの大学、美術学院、音楽院ほとんどは非常に教育水準が高く、世界基準の教育を受けることが可能です。昔から留学生の受け入れに柔軟で慣れているミラノの都市は、特に専門分野を持っている人にとって大学留学を実現しやすい環境と言えるでしょう。

留学スタイルの幅が広い

ミラノは非常に特徴が多い都市です。観光地であるのと同時に、ファッション関連はもちろん、語学、美術、デザイン、建築、イタリア料理やコーヒーなど、特異な分野が多い特徴的な国です。そのため留学の幅も広いのが魅力の一つ。

一番人気があるのはやはり語学留学ですが、大学に付属している語学コースに通う場合とその他の語学学校に通う場合で学費には大きな開きが生じ、内容も異なっています。また、ミラノには日本の大学と比較すると断然学費の安い国公立大学も多いので、負担をかけずに大学進学する留学スタイルも人気があります。

また、国公立の音楽学院に留学する方もおられますし、イタリア料理留学を希望する方もおられます。とはいえ、料理留学も調理方法をただ学ぶというものではなく、数か月のイタリア語研修やホームステイなどがセットになっている留学プランも多く、語学勉強と専門分野の勉強を同時にできるというメリットがあります。

他にも気軽に留学したいという方のために、1週間単位で可能なおけいこ留学も可能。これには語学や料理などいろんな選択肢があり、週単位で10万円前後の価格で留学できるプランも用意されています。留学スタイルの選択肢が多いということは、学べる勉強の幅も広くなるということですから、留学生にとって最大のメリットといえるでしょう。

交通機関が充実している

ミラノは観光地でもあるので、市内の交通機関は非常に発達しています。都会なので当然ですが、地下鉄、バス、トラムが揃っており、乗車券は時間制で地下鉄、バス、トラム共通で利用することが可能という便利さ。

乗車券の用途は様々で、例えばBITと呼ばれる1回券は、100分間の制限時間内なら乗り放題というチケット。ですが、このBITでは地下鉄の改札は1回しか通過できないという決まりもあるので、利用には注意が必要です。BITの券の価格は、1.5ユーロ(約150円)です。そのほかにも制限時間が24時間、48時間、72時間、そして1週間有効の乗車券もあります。1週間有効の券で、24ユーロ(約3,000円)程度の価格です。

多くの住民や観光客が利用することが多いのが地下鉄ですが、市内をくまなく網羅している地下鉄には3路線あります。赤が1号線、緑が2号線、黄色が3号線と言うふうに色別に分かれており、土地勘のない観光客でも分かるように工夫されています。

また、できるだけ歩きたくない時にはタクシーも一般的に利用されていますが、ミラノのタクシーは日本と同様にメーター制ですので、交渉の必要もなく、安心して乗車することができます。深夜や早朝など時間帯によっては割増料金になることもありますが、破格な値段ではありません。このような交通機関の充実具合は、毎日の暮らしやすさに直決しています。ミラノは留学生にとっても暮らしやすい街なのです。

過ごしやすい気候が魅力的

留学生にとって重要なポイント、気候問題。毎日心地よく過ごせるか、体調を崩さず元気に留学期間を満了できるか、という点に直接関わってきますので、留学生にとって留学先の気候は大きな関心事になることでしょう。

気候に関して特に偏ったイメージがないイタリア近郊ですが、ミラノも同様、1年を通して涼しい気候が続きます。もちろん四季がありますので季節の変化はあり、真夏は30度を超える猛暑日になることもありますが、日本よりも湿度が低く乾燥気味なので不快感を感じることがない分、身体は楽なはずです。逆に冬の方が注意が必要で、氷点下を下回る日もあるので防寒対策が必要になります。東京の冬よりも体感温度は低いかもしれません。

ミラノは日本と同じく春と秋が過ごしやすい季節になりますが、朝晩の気温差があるのが大きな特徴なので、服装による体温調節は必須となります。ただ気候は比較的安定しているため、慣れれば身体に負担がかかることは少なく、過ごしやすく感じるはずです。

奨学金制度を利用して留学できる場合がある

留学する際に一番気になることと言えば、やはり費用のやりくりの問題でしょう。十分な予算を組んでいたとしても、いざ留学準備にはお金がかかるものですし、思っていた以上に金額が上回ることもあり、なるべく留学費用を抑えるためにいろんな工夫をする留学生も少なくありません。

実はミラノ留学が多くの留学生に人気がある理由の一つとして、奨学金の制度が活用しやすいという要因があります。イタリアでは教育に関する関心度が高く、奨学金制度が充実しています。ミラノを含めイタリアの大学や大学院、国立音楽院、研究所など、イタリア政府認定の教育・研究機関に留学する人を対象に、イタリア政府奨学金を利用することができるのです。もちろん誰でも良いというわけではなく、イタリア語を難なく話せる必要があるなどの語学レベルや幾つかの条件はありますが、比較的ハードルは低めなので挑戦してみる価値は十分にあります。

またミラノ留学では、日本の文部省奨学金を活用することも可能。対象は高校生や大学生の派遣留学生ですが、必要な語学力などの条件をクリアすれば授業料や航空券の一部の援助をしてくれますので、留学生にとっては大変ありがたい制度です。

その他にもミラノ留学で活用できる奨学金制度の中には、ロータリー財団奨学金や日伊協会の奨学金、特定企業の奨学金など選択肢は豊富ですので、留学を計画する段階で調査しておくと良いでしょう。少しでも経済的な負担を軽くして、勉強に打ち込める環境を整えるためにも奨学金制度を賢く活用してみましょう。

ヨーロッパ諸国を気軽に旅行できる

ミラノはイタリアの中でもとくに有名な都市ですが、それ以外にも魅力的な都市や街は沢山あります。実はイタリアには20の州があり、各州や各都市で随分印象が異なります。そのため留学した場所によっては、同じイタリアとは思えないほどの文化の違いを垣間見ることもあります。

これもヨーロッパ諸国ならではの魅力ですが、せっかくヨーロッパに滞在しているのであれば、近隣の国や島に旅行してみるのもおすすめです。日本からなら時間もお金もかかるヨーロッパ旅行ですが、ミラノを拠点にすれば多くの人が憧れるフランスやスペイン、ギリシャなどへも簡単にアクセスできます。格安航空を利用して、数万円で週末旅行している留学生も少なくありません。

また美しい景観が魅力であるイタリア領の島にいくのもおすすめ。観光地にもなっているシチリア島やサルデーニャ島も近いので、気軽に行くことができお得です。島独特のゆったりとした雰囲気を味わいながら、リゾート気分を味わうこともできるでしょう。

治安が安定している

留学の際に身の安全の目安となる、治安。特に日本人は海外では狙われやすい人種なので、必要以上に注意していても良いくらいです。

ですが、現在ミラノ地区は比較的安全な地域と言われており、治安を特別心配しなければならない状況ではありません。大使館から発信される外務省の「海外安全ホームページ」でも危険レベルはゼロですし、滞在中は最新の安全情報に注意してくださいという明記のみです。ですから、留学生も治安について過度に気にする必要はなく、安心して過ごすことができるでしょう。

ただ海外に住むなら、やはり日本と同じような感覚ではなく、最低限の注意は必要となります。人通りの多い場所、特に観光地として有名な場所は人の数も多く、観光客目当ての犯罪も少なくありません。スリやひったくり、置き引き、しつこい勧誘などがよく見られるので、要注意です。

これはミラノにかぎったことではありませんが、街の玄関口となる駅周辺は移民やジプシーが多いため、旅行用の大きな荷物や電車の時間に気を取られている間に貴重品が盗まれるというのは良くある話。移動している時は注意も散漫になりがちなので、必ず貴重品は肌身離さないようにしましょう。また特に気をつけていただきたいのは、ショッピングモールでのスリが多いチェントラーレ駅周辺、押し売りや強引な勧誘が多いカステッロ広場など。観光客が多い場所にはそれ目当てに犯罪をたくらむ人も集まってくるのが実情です。

イタリア国内の中でも特にミラノは観光客目当ての犯罪が多いことで有名ですので、外国人は狙われやすいということを忘れないように行動しましょう。カバンなどから離れないこと、イヤホンなどをつけて移動しないこと、目立つ服装は避けることなど、最低限の注意を怠らなければ普通に生活できます。

明るく気さくな住民が多い

日本人がもつイタリア人のイメージはどんな感じでしょうか?ザ・ラテン気質という印象の方が多いことと思いますが、まさにその通り。

もちろん皆性格が違いますので一概には言えませんが、全体的におおらかな人柄の人が多いイタリア人。ミラノの住民の気質も同じで、全体的に陽気で楽しく、ポジティブな人が多い傾向があります。そのおおらかな気質は多国籍の人に対する接し方にも良く表れていて、知らない人でも挨拶したり、すぐに打ち解けたりすることも珍しくありません。人に対して非常に温かい対応をすることが多いため、懐の深さを感じることができます。

ですから、海外から来た留学生もすぐに街の雰囲気に馴染むことができ、リラックスした留学生活を送ることができるのです。そのような環境のせいなのか、留学を終えてもそのままミラノに滞在し、就職や結婚を経て永住するようになったという元留学生も少なくありません。一度訪れたらまた訪れたくなる、そんな風に表現されるミラノには住民の温かい気質が関係しているのかもしれません。

ミラノ留学のデメリット

専門分野で秀でているものが多く、色んな留学スタイルを実現することができる教育都市、ミラノ。住みやすい環境の良さも手伝い、世界中から多くの留学生が集まる人気の留学都市でもあります。

とはいえ、どんなに良い条件が揃っていても、海外に住むということはそんなに簡単な事ではありません。その土地ならではの悩みや問題点もありますから、もし実際に生活するのであれば、留学先のデメリットに自分がうまく対応できるかどうかを事前に確かめておく必要があります。
例えば、ミラノ留学で考えられるデメリットには以下のようなものがあります。

  • スリなどの軽犯罪が多いので要注意
  • 物価が高めなので計画性が必要

ではここから、ミラノ留学のデメリットについて一つずつ詳しくご紹介します。

スリなどの軽犯罪が多いので要注意

観光地のあるあるとしてはあまりにも有名ですが、人の多さと軽犯罪の数は比例するという話。観光地のように不特定多数の人が集まる場所では、スリや置き引きなどの軽犯罪に巻き込まれる可能性もかなり高いということです。

確かにミラノも観光地で多くの人が訪れますが、スリやひったくり、置き引きなどの軽犯罪は日本に比べてかなり多い傾向があります。特に日本人はターゲットにされやすいので、貴重品の管理には十分注意する必要があるでしょう。

夜遅くに一人で出かけないなどの防犯意識は当然ですが、目立つ服装をしないとか、歩きスマホをしないとか、念のために海外保険に加入しておくなどの付加的な防犯意識も大切になるでしょう。

物価が高めなので計画性が必要

都市部で生活するのは非常に便利ですが、その分生活費の高さに悩まされることもあります。イタリアの中でも地方なら物価も比較的リーズナブルですが、ミラノは観光地のうえ都会ですので、物価はおよそ東京と同じ位と考えておいた方が良いでしょう。

どこの国でも同じですが、やはり外食が一番高い傾向があり、それなりにお洒落なレストランでランチする場合、1,500円は確実に超えます。ディナーともなると3,000円以上はみておかなければなりません。よく選べば安くておいしいお店もありますが、まだ土地勘がない間はメジャーな場所しか知らず、外食ばかりしているとどうしても生活費はかさんでしまいがちです。

物価の高さは留学費用を予算内で収められるかどうかに大きく関わってきますから、非常に重要なポイントです。実際、ヨーロッパ諸国への留学を費用の高さが理由で諦める学生も少なくありません。金銭的に無理なく留学生活を過ごすためには、事前にしっかりした予算をたて、計画通りに生活することも大切な要素になってくるはずです。

ミラノ留学実現に必要な費用の概要

ミラノ留学実現において、やはり一番重要になってくるのは留学費用です。留学期間や学校選び、留学の内容、滞在方法などによってそれぞれ必要な総額は変わってきますが、まずは必要な情報を集め、予算を立てて、その中で自分に合ったベストな留学プランを練っていく必要があるでしょう。

一般的にミラノ留学に必要な費用は、1ヶ月につき平均で20万~48万円前後と言われています。もちろん生活スタイルや選ぶ学校の違いなどで必要な費用の概算は異なりますが、一般的に参考にされている金額です。具体的な内容例を以下に示しています。

●語学留学した場合の費用(参考にしていただける例)
項目 必要な費用
航空券(往復) 14万円前後
語学学校 13万円前後
滞在費 10万円前後
交際費 3万円
海外旅行保険 2万円
合計 42万円程度

※この費用の中にはビザの申請費用や食費などを含む生活費は含まれていません。実際にはこの価格よりも上回る可能性が高いので、あくまでも参考価格としてご覧ください。

語学学校の費用

ミラノに留学する場合、一番大切な費用となるのは学校の授業料。もちろん金額は一律ということではなく、留学時期や場所、期間、学校のレベルなどによって変化します。平均としては年間約140万円~380万円の費用を計画しておくことが必要なようです。

この金額の開きは、留学の目的の違いに左右されます。語学習得のための留学なのか、大学への正規留学をするのか、おけいこ留学なのかなどで掛かる費用が大きく異なってきますので、それも念頭において計画すると良いでしょう。同じ語学学校でも様々なタイプのものがあり、かかる学費も変化しますが、おおよそ1ヶ月で平均9万円〜18万円前後必要になると考えられます。

●語学留学した場合の期間別平均費用表
期間 費用の目安
1ヶ月 20~48万円前後
3ヶ月 40~96万円前後
6ヶ月 70~190万円前後
1年間 140~380万円前後

※この費用の目安には、航空券(往復)と語学学校の学費、滞在費、生活費が含まれていますが、その他の必要な費用は含まれていませんのでご注意ください。

ミラノ留学は実に多くのプランが用意されており、カスタマイズして自分にピッタリの留学スタイルを作り出すことも可能です。1ヵ月の短期留学にも対応しており、語学学校の数も豊富です。また語学勉強プラス、イタリア料理やイタリア文化などを学べるコースもありますし、様々なアクティビティとセットにしてあったり、滞在先などもすべて完備している留学プランもあります。

特に私立の語学学校は少人数制のところが多く、フレンドリーで日本人にもなじみやすい特徴があります。ラテン系のお国柄が関係しているのか、授業が楽しいと定評がある学校も多く、楽しみながらスピーキング力を磨くことができます。また、能力に応じて細かいレベル分けをしている学校も少なくないため、一人ひとりが無理なく学べるように工夫されている傾向も強いようです。ですから、語学留学への満足度は非常に高いと言います。

またミラノには幾つか有名な大学もあり、進学や編入を目指す留学生も少なくありません。代表的なものといえば、ミラノ工科大学やミラノ大学、ルイージボッコーニ商業大学、サクロ・クオーレ・カトリック大学、ミラノ音楽院などがあります。どの大学も奨学金制度を取り入れており、留学生の受け入れにも好意的ですので、安心して学べる環境と言えるでしょう。

学校や留学プランの選択肢が多いので、自分の目的に合わせて上手に選べば学費以上の価値がある学校で学ぶことができます。ですが、安さや口コミだけで安易に学校を選んでしまうと、教師のレベルや教育レベルが低かったり、生徒が多すぎて学習の質が悪いなど失敗してしまう可能性も。まずはなるべく多くの情報を集めて、留学経験者の評価を参考にしたり、留学エージェントに助けてもらうなどして賢く学校選びを行いましょう。

滞在費用

ミラノ留学で学費の次に大きな金額が予想されるのは、滞在費です。多くの留学生が節約に励み費用を浮かせようと努力しますが、どうしても固定費として出ていく家賃は大きな出費になります。また海外では、特に滞在費は金額に比例して安全性なども関係するので、安ければ良いというものでもありませんから難しいところです。

ですが、滞在方法は幾つかの中から選択することができ、選び方によっては費用を抑えることも可能なので、滞在費用の節約も十分可能です。
ミラノ留学の際、選択肢としては寮、ホームステイ、ルームシェアが一般的です。

寮の場合の費用

●ミラノで寮生活をする場合の費用目安:1ヶ月平均5万~12万円前後、年間平均60万~144万円程度
ミラノ留学で寮生活を選択した場合、滞在費用は上記に記した金額を参考にしていただけます。金額に大きな差があるのは、寮の築年数や特約(女性専用、セキュリティなど)あり、利便性、立地、入寮率などによって違いがあるからです。どうしても中心地にある寮なら高額になりやすいですし、郊外にある寮ならリーズナブルな価格になりやすくなります。

比較的大きな語学学校や大学であれば、学校の敷地内に寮がある場合が多いため、非常に便利です。タイプは様々で、ドミトリータイプだったり、最新のマンションタイプの寮がある場合も。タイプや部屋数によって金額には差がありますが、大抵の場合共同のキッチンや自炊設備もあるため、自炊して生活費の節約も可能です。基本的には食事はついていませんが、寮によっては寮母さんが食事を作ってくれたり、朝食だけついている場合もあるので事前に確認しておきましょう。キャンパス内の寮はセキュリティ面でも安心ですし、何より近いので留学生には特に人気です。

寮生活の費用も大きな金額が必要なのでどうしようか迷うかもしれませんが、寮生活をすることには沢山のメリットがあり、実際に寮生活をして良かったと感じる留学生は少なくありません。色んな国籍の留学生と仲良くなることができますし、色んな文化を直接体験できるので大きな財産にもなります。自分の生活スタイルに合っていて、無理なく暮らせるのであれば、是非寮生活を体験してみてください。

ホームステイの場合の費用

●ミラノ留学でホームステイをする場合の費用目安:1ヶ月平均7万~13万円前後、年間平均84万~156万円程度     
ミラノ留学でホームステイをする場合、費用の目安は寮生活の場合とさほど変化はありません。ただし、ホームステイ先の中には生活費や消耗品の金額を含めているスタイルのファミリーもいるので、その場合は若干寮の費用を上回ることもあります。ですが、総合的に見ればその方が生活費を安く抑えられることも多いため、留学生には人気があります。ホストファミリーと話し合って自分達なりのスタイルを確立すると良いかもしれません。

ミラノ留学でホームステイをするメリットは、なんと言っても一般の家庭の中で普通に生活する体験ができることです。家庭を大切にし、お母さん中心の大家族でワイワイ言いながら食事を楽しむのが大好きなイタリア人。温かい雰囲気に癒され、居心地の良さを感じることができるでしょう。

また年齢層が様々なホストファミリーと会話をするため一生懸命話しますので、語学能力やコミュニケーション能力もかなり上がると言われています。学友以外の人に自分のイタリア語が伝わるかどうか試す機会にもなるでしょう。なるべく現地の生活に密着した生活スタイルを望んでいる留学生には、おすすめの滞在方法です。

ルームシェアの場合の費用

●ミラノ留学でルームシェアをする場合の費用目安:1ヶ月平均5万~15万円前後、年間平均60万~180万円程度
ミラノ留学でルームシェアをしようと思った場合、費用はどこに住むかで大きく差が出ます。当然のことですが、中心地を選ぶと費用は高めで年間180万円前後、しかしちょっと不便でも郊外を選ぶと年間60万円前後まで下げることができます。

ミラノを含め海外では、シェアハウス、もしくはルームシェアは一般的な生活スタイルです。どうしても一人暮らしをしようとすると家賃が高くなりますが、シェアハウスやルームシェアなら滞在費をかなり安く抑えることが可能です。うまくいけば月5万円かからないくらいの金額で滞在できる場合もあります。また、シェアハウスは家具や家電がついていたり、Wi-Fi完備や光熱費込みのところも多いため、全体的に見れば何かとお得です。

ミラノは留学都市ですから、昔から留学生の受け入れには慣れています。そのためルームシェア向きの家やアパートメントも多く、比較的容易に見つけやすいかもしれません。通っている学校に紹介してもらったり、学友からの紹介、ローカルのサイトから探すことができます。もし自分だけで探すことに不安があるなら、現地の情報に特化している留学エージェントに相談して、安全で安く借りられる家を探してもらうこともできます。

渡航費用

●ミラノ留学で必要な渡航費用の目安:平均6万円~18万円前後
実際にミラノに行くために必要な渡航費用。大抵は飛行機を利用しますが、多くの方がイメージしているほど高額なものばかりではありません。時期や購入時期をよく考えれば、予算よりも低い金額で購入することは十分に可能です。世間が休暇の時は航空券も値上がりしますので、長期休暇後の時期を選んだり、比較的高い直行便ではなく、トランジットが長い乗継便で行くことによっても渡航費を抑えることができます。

日本からミラノに行く場合に利用できる最寄りの空港は、ミラノ・マルペンサ空港、ミラノ・リナーテ空港、ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港の3つ。ですが、日本からの直行便が発着する空港はミラノ・マルペンサ国際空港のみですので、注意が必要です。成田からローマかミラノまで、アリタリア航空が唯一の直行便を運航しています。乗り継ぎ便になれば、アジア・中東・ヨーロッパ経由でさまざまな便がでており、運行数も多く、大変便利です。日本からの直行便(成田空港発)で行く場合の所要時間は、約13時間。乗り継ぎ1回の場合は最低でも15時間はかかります。

ミラノへの渡航費は冬が安い傾向にありますので、渡航費を安く抑えたいならローシーズンである冬季を狙うと良いでしょう。クリスマスの時期を避けた11月末から12月中旬、そしてハッピーニューイヤーを避けた1月中旬から2月あたりは比較的安い傾向があるのでおすすめです。

ミラノ・マルペンサ国際空港からミラノ市内までのアクセス方法は幾つかありますが、一番よく使われているのはシャトルバス。シャトルバスは3種類あって、マルペンサ・シャトル、シャトルバス(Terrevision社)、エアポート・バス・エクスプレスが利用可能です。空港から市内までの所要時間は約50分前後です。

また電車も利用することができ、マルペンサ・エクスプレスが空港から市内主要駅を結んでいます。どこにでもこれで行けるので、大きな荷物を抱えていても楽に移動できます。空港から市内への所要時間は、シャトルバスと同じく約50分程度です。空港とミラノ市内を結ぶ交通機関も充実しているため、留学生が日本から渡航する際にも大変便利な立地であることは間違いありません。

海外保険費用

●ミラノ留学で必要な海外保険費用の目安:1ヶ月平均1万5000円~3万円前後、年間平均20万円~36万円程度
海外に旅行する時や滞在する時に任意で加入することを薦められる、海外保険。中には、海外保険は高いので加入しないという方もおられますが、急な事故やケガ、病気に自分だけで対応するのは決して簡単な事ではありません。特に海外の場合、治療費や薬代が実費になることがほとんどですので、海外保険に入っておかなければ自分ですぐに賄える金額ではありません。それはミラノでも同じことです。

学生にとって毎月多額の保険代を払うことは負担が大きいと理解できなくもありませんが、留学生の中には病院代を払えないので治療に行かず、結果体調を崩してしまう学生も見受けられます。そうなれば勉強どころではなくなってしまい、留学期間を満了できない可能性もあります。それはとても残念なことです。

ですから、慣れない場所でのもしもの時のために、海外保険には入っておくことをおすすめします。自分の身を守る一つの方法として、真剣に検討してみると良いでしょう。インターネットを利用すればどこでも申込みできますし、エージェントに依頼して手続きの代行をしてもらうとスムーズです。

ビザの申請費用

●ミラノ留学で必要なビザの申請費用:日本人の就学ビザに関しては免除されるようになったため、現在では無料。
ミラノに留学する場合、90日以内であればビザの取得は必要ありません。ですが、90日を超えた長期留学になる場合は、目的に合ったビザを事前にイタリア大使館で取得する必要があります。就学ビザだけでも5種類あり、どのような学校に留学するかによって必要書類や手続の流れが変わってきます。きちんと必要ポイントをチェックして、スムーズに取得できるように理解しておきましょう。
ちなみにすべてのビザに共通している必要書類は以下の通りです。

  • 滞在先に関する書類(賃貸契約書や入居証明書、ホームステイ先からの受け入れ承諾書)
  • 資金を証明できるもの
  • (留学費用が自己資金の場合:資金の入っている銀行口座の通帳、家族が資金提供する場合:所定の保証書、実印登録証明書、保証人名義の銀行口座の通帳、奨学金の場合:奨学金発給証明書)

  • 滞在予定全期間をカバーしている医療費の項目が無制限の海外傷害保険の契約書

語学留学用の就学ビザ

これは私立の語学学校でイタリア語を勉強するのに必要なビザのことです。必要な書類は、すべてのビザに必要な共通書類と合わせて以下のものを揃えておく必要があります。語学学校に依頼して、事前に揃えておきましょう。

  • 入学許可書(授業内容、レベル、授業時間数、期間が明記されているもの。校長の署名のある正式なもの)
  • 教育監督局により教育機関として認可されていることがわかる書類
  • 経営母体の登記簿謄本(商工会議所に法人登録されている場合のみ)
  • 学校への支払いが完了していることを示す書類

大学・音楽院・美術大学留学用の就学ビザ

これは在東京イタリア文化会館を通じて出願するもので、在東京イタリア文化会館の留学者リストに掲載されている人のみ、このビザの申請することができます。ビザの申請には、共通必要書類に加えて入学許可書が必要になります。

大学院留学用の就学ビザ

このビザを取得するには、共通必要書類に加え修士号や博士号を取得することが可能なイタリアの公立、私立大学の大学院入学許可書が必要になります。

交換留学用の就学ビザ

このビザの申請には共通必要書類に加えて、下記の書類を揃えておく必要があります。 

  • 日本の大学からイタリア総領事館にあてた英文ビザ発給依頼書
  • 両校のあいだで取り交わされた交換留学協定書のコピー
  • イタリアの大学からの入学許可書もしくは受入れ承諾書

職業訓練校留学用の就学ビザ

このビザの申請には共通必要書類に加えて、下記の書類を揃えて置く必要があります。

  • 職業訓練校として州に認可されていることを証明する書類
  • 日本で同じ分野の専門教育を修了したことを証明できる書類(卒業証明書)

これらナショナルビザと言われるビザは、91日以上のイタリア滞在の為には必ず必要なものですので、取得を忘れないようにしましょう。現在では日本のイタリア大使館でビザ申請のオンライン予約が可能ですので、比較的簡単に申請手続きができます。

イタリアだけに限らず、多くの国ではビザの申請に関してシビアになっています。テロなどの国際問題が多くなっているため、他の国からの入国に関して審査が厳しくなっているからです。ビザがうまく発行できないと予定した日に入国できなくなってしまうこともありますので、トラブルを避けるためにもビザの申請は事前の確認を怠らず、スケジュールに合わせて余裕を持っておこなうようにしましょう。

生活費用

●ミラノ留学で必要な生活費用の目安:1ヶ月平均8万~12万円程度、年間平均96万円〜144万円前後
留学生活で他に大きな経費として考えておくべきなのは、やはり毎日の生活費。食費が一番大きなウエイトを占めますが、その他にも消耗品や日々の生活に必要な物の購入費、交際費なども含まれますので、金額は大きくなりがちです。これは個人の生活スタイルや金銭感覚も関係しますので、個人差が如実に出る経費分野ともいえるでしょう。

ミラノの物価は正直安いものではなく、都会ならではの厳しさがあります。観光地であるため、実際の生活費は東京の平均価格と変わらないと考えておいても良いでしょう。例えば、ミラノではバールでエスプレッソ一杯を飲もうと思えば約100円程度。水一本200円ぐらい、パニーノ(サンドイッチ)が約300円~500円程度です。ですが、ちょっとしたレストランに入ればランチでも1,500円越え、ディナーなら3,000円以上は必要です。たまには外食で息抜きしたり、友人との付き合いも大切ですが、回数が多ければすぐに生活費はなくなってしまいます。

ですから、多くの留学生が心がけているように、自炊して食費を抑える方法は必須かもしれません。ミラノは都会な分、大きなスーパーや商業施設も多く、メルカートと呼ばれる市場などでも食材が比較的安価で手に入ります。特に主食であるパスタの材料は日本よりも安く、いろいろな種類のものを購入できます。生パスタやモッツアレラチーズ、新鮮なトマトやフルーツなども安く、学生の中には毎日パスタを食べているという人もいるほど。工夫次第でいくらでも節約が可能ですし、楽しみながら自炊を満喫ことができるでしょう。

ミラノ留学をサポートしてくれるおすすめのエージェント

観光大国イタリアの中でも、エネルギッシュな第2の都市として有名なミラノ。ファッション業界の中でも常にトップを走る街であるミラノは、語学留学だけでなく、アパレル関係の留学やデザインなどを学ぶ留学プランに根強い人気があります。生活面でも非常に充実しており、交通機関もパーフェクトなので日々の移動にも不便はありません。都会的で便利な留学生活を望む方にはまさに理想的な留学先です。そのため、ミラノ留学を早く実現させたいと意気込んでいる学生さんも少なくないはずです。

とはいえ、これはどの留学生にも言えることですが、初めての海外留学の場合、どうしても不安や心配が絶えないものです。期待や好奇心と同時に、一体何から準備したらいいのかと戸惑いを覚える留学生も少なくありません。色々な書類集めや手続き、準備、情報収集をすべて自分だけでこなすにはかなりの時間と労力を要します。

それで多くの場合、留学準備のサポートを行ってくれる留学エージェントにすべてをお任せしている留学生は少なくありません。エージェントは留学に関してはプロですし、留学に関する最新情報を持っているので、お願いした方が効率よく準備できる場合も多いからです。

ただ、留学エージェントにも特徴や得意分野があり、特定の地域や都市に特化していたり、サポート場所が限定されているエージェントもあります。ですから、自分にぴったりサポートを受けるためには、留学先候補の都市に詳しいエージェントに依頼するのが最適でしょう。ではここから、ミラノ留学をサポートしてくれるおすすめの留学エージェントを詳しくご紹介していきます。

アドマーニ(adomani-italia)

イタリア留学の専門として知名度が高い留学エージェント、アドマーニ。一人でも多くの方に素敵なイタリアで留学をしてもらいたい、という熱い思いを持つスタッフにより作られたイタリア留学エージェントです。

スタッフは皆イタリア留学経験者で、イタリア留学だけを研究し、地元の情報にも長けているプロばかり。これまで多くのイタリア留学を送り届けてきた経験豊富なスタッフですので、不安な点や心配な点も気兼ねなく相談していただけます。

アドマーニが留学生に人気がある理由は、留学相談や提携校との留学手続き費用が無料であること、プランに関係なく様々なイタリア留学をすべてサポートしてくれること、ビザの手続きや出発までフルサポートしてくれること、留学後の就職サポートも可能なことが挙げられます。全体的にお任せできるという安心感があるからこそ、初めての留学でアドマーニを利用する留学生が多いのかもしれません。

イタリア留学センター「イタリアーナ」

イタリア現地在住の留学コンサルタントのサポートが受けられることで知られている、イタリア留学センターイタリアーナ。個人の希望や予算に合わせて、イタリアでの留学を現実的にサポートしてくれます。イタリアーナの留学カウンセラーは全員日本人ですので、日本語で相談できるという強みはもちろん、スタッフは皆イタリア留学経験者ですので、自身の経験を活かしながら適切なサポートとアドバイスをしてくれます。

現地にいるという強みから最新の情報を取得でき、留学諸事情やビザ関連の最新情報、宿泊先、諸手続き関係などもスムーズに対応できます。また、なるべく依頼者の不安や心配を取り除いてあげたいという思いから、質問には迅速に全て応えられるようにメールコンタクトは24時間対応という心意気も嬉しい限り。スカイプやLINEアポイントで無料留学相談もすぐに対応可能です。

また日本でも留学無料相談会を1年に2回開催しており、出発前のサポートも万全。まずは無料相談から始めてみるのも良いでしょう。

留学会社アフィニティ

1978年から現在まで長い実績を持つ留学エージェント、アフィニティ。海外留学のクオリティを一番に考え、一人ひとりの希望や、将来のキャリアを踏まえながらぴったりの留学プランを紹介しています。

留学会社アフィニティは幾つもの関連するグループ会社を持っているため、その背景を生かし、いろんな角度から留学生をトータルサポートできます。初期のプランニングから留学準備、留学中のサポート、そして帰国後の転職サポートまで、プロのカウンセラーが総合的にバックアップしてくれます。それぞれがその道のプロで、海外で30年以上の実績を持つ関連グループ会社のネットワークを活かしてアドバイスしてくれるので、安心してお任せできます。

留学会社アフィニティで一番人気がある留学プランは語学留学ですが、その他にも大学進学、大学院修学、インターンシップ、専門留学、ワーキングホリデー、アート&デザイン、クラシック、コンテンポラリーミュージックなどの専門的な留学プランまで対応可能です。

ミラノ留学 まとめ

ファッション関連で最先端を走る憧れの都市、ミラノ。おしゃれなイメージが強く、ファッション以外にもデザイン、美術、芸術、ワイン、料理、オペラなどの専門分野にも秀でている特徴を持ちます。またミラノの街並みは大変美しく、歴史ある建造物で溢れていることでも知られています。

魅了される要因が多いミラノですから、毎年この地を訪れるのは観光客だけではありません。ファッションやデザインなどの専門的な教育を受けるために、沢山の留学生が世界中から集まってくるのです。中には、イタリア語を習得するために語学留学する方も見受けられますが、大抵は専門的な分野の教育を受けることが目的の方が多く、その傍らイタリア語研修を受けるスタイルが良く見られます。ただどんな留学スタイルを取るにせよ、ミラノ留学の可能性は幅広く、100人いれば100通りのプランがあるので、自分なりの留学スタイルを楽しむことができるでしょう。

留学をするにあたって、受け入れ先の学校の環境や教育レベルはもちろん重要な条件ですが、同時に一定期間そこで生活するわけですから、生活の場となる街の環境も大変重要です。ミラノは交通の利便性や治安の良さ、住民の雰囲気にしても留学生が過ごしやすく、勉強に打ち込める環境にあります。教育環境の面でも、生活面でもミラノはおすすめの都市といえるでしょう。

ミラノのベストシーズンは春の4月中旬~6月と秋の9月~10月です。特にこの時期は観光客も増え、同時に留学生もかなりの数が集中するので、早めに準備に取り掛かることをおすすめします。

留学先を国から探す