イタリア留学 2019/10/28

シエナが留学地としておすすめできる理由とは?期待できる8つのメリットと費用の概算も詳しく解説!

シエナが留学地としておすすめできる理由とは?期待できる8つのメリットと費用の概算も詳しく解説!
このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア共和国トスカーナ州中部にあり、学問と世界遺産で有名なシエナ。イタリア国内においても最も典型的なゴシック様式の外観が特徴で、全体的に都会よりも落ち着いた雰囲気を持つ街です。

観光地としても人気があるシエナですが、街中にはシエナ大学やシエナ外国人大学などの外国人の為の語学学校も多いため、世界中から留学生が集まる学生街という一面もあります。多国籍なクラスメイトに囲まれ、学業に専念でき、静かでおしゃれな街に留学したいという方にはぴったりの留学先です。

この記事では、シエナ留学がおすすめできる理由に加え、期待できる8つのメリットと留学に必要な費用について詳しく解説していきます。

シエナ留学は日本人に人気がある?

イタリアのトスカーナ州中部に位置し、首都ローマからは北西へ約185kmの美しい街、シエナ。都市自体の歴史が古く、美しい中世の佇まいが残っているため、1995年にはシエナの街全体が世界遺産に登録されるほどの景観を持っています。そのため、シエナの街並みを一目見ようと毎年多くの観光客がシエナに訪れます。

シエナの中で特に有名なのは、市内の中心にあるカンポ広場。世界で最も美しい広場とも言われており、地元の人々はもちろん観光客も良く訪れます。ここでは毎年7月と8月にパリオと呼ばれる地区対抗の競馬があり、いつも以上に賑わいを見せ、非常に有名なイベントになっています。ですが少し街の外に目をやれば、シエナの特産でもあるキャンティワインに使われる美しい葡萄畑が一望でき、雄大な自然も感じることができる魅力的なロケーションです。

また、シエナは学問の都市としても良く知られています。街中には法学と医学に定評がある歴史ある教育機関シエナ大学がありますし、その他にもシエナ外国人大学など外国人の為の語学学校が数多くあるため、昔から多くの学生が集まる留学都市として有名です。シエナに集まる留学生は実に多国籍で、グローバルな環境の中で留学生活を送ることが可能です。
シエナは大都市ではないので、他の都市の教育機関と比べるとシエナにある学校は規模が小さめで、アットホームな雰囲気が特徴です。日本人も少なく落ち着いた環境の中で勉強したいという方にとっては、まさに理想的な留学地でしょう。

シエナは有名な観光地で多くの人が出入りしますが、意外にも治安は安定しており、平和な印象です。しかも、住民も国籍が違う人に対して寛容な傾向があり優しい人が多いので、シエナはイタリア国内での「Qualità della vita(住み心地ランキング)」で毎年上位にランクインしています。そのため、外国から来た留学生もすぐに馴染むことができ、心地良く過ごせる街として人気があるのです。

世界中から集まる留学生の中には、日本人を含むアジア人も少なくありません。もちろん英語圏の留学地よりは少ない傾向がありますが、環境の良さや評判の高さからか、近年ではシエナ留学を選ぶ日本人留学生も増えつつあります。シエナに留学する留学生はヨーロッパ国籍の学生がダントツに多いですが、それに続いてアフリカ系、中東、アジアの国籍の留学生も見られ、まさにグローバルな環境の中で生活できます。生活の便利さ、気候の良さ、留学プランの豊富さなど留学に適した条件が整っている都市ですので、世界中の留学生から注目されている理由も納得できます。

シエナ留学のメリット

有名な観光地でありながら治安が良く、学業に専念しやすい魅力的な街、シエナ。人の出入りは多いですが、移民などが少ない背景も関係してか大きな犯罪やトラブルは少なく、比較的安全に過ごせる街です。

また古い街並みを大切にしながらも、同時に鉄道や長距離バスなどの交通機関も充実しているため、生活しやすい環境が整っています。近隣の大都市であるフィレンツェやローマへのアクセスも良好ですので、気軽に都会に遊びに行くこともでき、魅力的な立地でもあります。

とはいっても、シエナ留学の人気の秘訣はそれだけではありません。他にも、シエナに留学することのメリットにはこのような要素が考えられます。

  • 他の国よりも留学プランが豊富
  • 学費を安く抑えられる学校が多い
  • 標準に近いイタリア語を学べる
  • 日本人にはなじみやすい気候
  • 食のストレスが少ない
  • 日本人が多くないので語学の上達が早い
  • 多国籍の人間に対して寛容な雰囲気がある
  • ヨーロッパ諸国への旅行が気軽にできる

ではここから、シエナ留学のメリットを一つずつ詳しくご紹介していきましょう。

他の国よりも留学プランが豊富

  
シエナは昔から学問の街と言われていますので、教育に関してかなり高い基準を期待できます。大抵、留学スタイルで一番人気が高いのはやはり語学留学ですが、シエナ留学の場合、もっと多くの選択肢があるのが凄いところ。

イタリア語を習得する語学留学はもちろん、音楽留学、ファッション留学、デザイン留学、美術や芸術に関する専門的な留学、建築、イタリア料理など留学スタイルは多岐にわたります。他の留学生が多い他国に比べて、語学留学以外の趣味留学やおけいこ留学が多いのもシエナ留学ならではの特徴です。

ファッションや音楽、芸術、観光などの文化が発達しているシエナに留学することで、専門的な知識を習得し、将来的に服飾業界や音楽業界、観光業界、飲食業界で働くチャンスを増やすことができるでしょう。他の国よりも留学プランが豊富というメリットは、留学生の将来の可能性を広げるきっかけにもなり得るのです。

またシエナにある語学学校では、最短1週間からの留学プランも豊富。毎月、毎週単位でコースを開講している学校も多く、カスタマイズ可能です。期間や時期にもかなり融通が利くので、長期留学の時間が取れない人や、長期留学の前に試験的にイタリアの生活を体験したい、という方にはぴったりです。

学費を安く抑えられる学校が多い

学問の街というだけありシエナには多くの教育機関がありますが、特徴的なのはその多くの学校が低価格の学費で学べるということ。

留学生に一番人気があるのは、シエナの国立大学が外国人向けに設けたイタリア語コースで学ぶというもの。そもそもイタリアの国公立大学は学費がかなり安く、年間50万円かからないと言われているほど。ですから、シエナ大学は特に人気があり、しかも外国人向けに作られているコースなので留学生にしてみれば安く学べるという一石二鳥もの。留学生からの評価も上々です。

またシエナは首都ローマなどに比べれば大都会ではありませんので、比較的ゆったりとした雰囲気があります。それは数多くある語学学校にも影響していて、少人数でのグループレッスン形式でアットホームな授業スタイルが売りの語学学校が大半を占めます。大規模な学校ではないので、それだけ学費も安く抑えられます。ストイックに語学勉強がしたいという方向きではないかもしれませんが、家族的な雰囲気の中で楽しみながら学びたいという方にはおすすめの場所です。

またシエナの語学学校で学べるのはイタリア語だけではなく、イタリア文化の体験やアクティビティとセットになっているものも少なくないので、チェックしてみると良いでしょう。

標準に近いイタリア語を学べる

英語と同じく、地方によって方言や訛りが強いと言われるイタリア語。同じイタリア語でも通じないこともあると言われるほど独特な言語なので、留学地によっては習得したイタリア語にイントネーションの違いが見られるようです。

多くの留学生がシエナを留学地として選ぶ理由の一つは、シエナが比較的標準に近いイタリア語を話す中部地方に位置しているということ。イタリア語の方言は大きく分けると北部方言と中南部方言に大別できますが、そこから更に北西部方言、北中部方言、北東部方言、中部方言、南部方言などに分けられています。イタリア国内での国語教育、もしくは他国のイタリア語教育の場で使われる標準イタリア語は、中央イタリアのトスカーナ方言と言われており、トスカーナ州に属するシエナも標準イタリア語に近いと言われています。

そのため、せっかくイタリア語を学ぶのであれば訛っていない標準イタリア語を学びたいということで、多くの留学生がシエナを留学地として選んでいるのです。標準的なイタリア語を習得できれば将来仕事でも役立ちますし、イタリア国内どこでも通じますので非常に便利です。

日本人にはなじみやすい気候

留学生にとって健康のバロメーターともなる、留学地の気候。留学予定期間中、体調を崩さずに元気で過ごせるかという点に直接関わってきますので、留学生にとって気候は大きな関心事です。

実はあまり気候に関して印象が少ないイタリアですが、シエナも日本と同じように四季があります。季節により気温の変化もありますが、基本的には1年を通して涼しい気候が特徴的です。

シエナのベストシーズンは日本と同じく春と秋で、真夏は30度を超える猛暑日になることもあります。ですが、日本よりも湿度が低く乾燥気味なため不快感を感じることが少なく、身体は楽なはずです。逆に冬は注意が必要で、氷点下を下回る日もあるので防寒対策が必要になります。東京の冬よりも体感温度は低いかもしれません。

ですが、日本人は四季のある季節の変化に比較的慣れている人種なので、基本的には日本に住んでいる時と同じ感覚で過ごせるため、日本人には住みやすい環境と言えるでしょう。季節に変動が少ない国から来る他の留学生よりも、シエナの気候に適応しやすいはずです。

食のストレスが少ない

海外に行った時、現地の食べ物が口に合わなくてつらい経験をしたという方は多いものです。特に日本人を含むアジア人は食の好みが独特ですから、ヨーロッパ諸国の食文化には不安を感じるかもしれません。

ですが、シエナの場合その心配は必要なし!シエナの街中には美味しい食べ物が溢れています。しかも日本人に馴染みがある食事が多く、日本のイタリアンレストランで目にするものを本場の味で頂けるという何とも贅沢な経験ができてしまうのです。

イタリア人にとって主食となるのは、パスタやピザ。日本人もほとんどの方が好きな料理です。シエナの街には留学生が多いということもあり、ピザやパスタのリーズナブルな店が多く、学生でも毎日外食ができるほどの充実ぶり。リゾットやニョッキ、種類の豊富なチーズ、ティラミス、イタリアンジェラートなども有名ですし、現地の家庭料理も日本人の口に合うものが多いようです。

留学先に自分の知っている食べ物、もしくは馴染みがある食べ物があるというのは、留学生にとってはとても重要な事です。食のストレスは体調管理にも大きく関係しますから、留学先を決めるうえで現地の食文化は大きな決定打になります。シエナは日本人が大好きなイタリアンが主食ですので、留学生が食に関して大きなストレスを抱える可能性は限りなく低いでしょう。

日本人が多くないので語学の上達が早い

留学地として人気がある場所は沢山ありますが、国によっては日本人留学生が多く大混雑する場所もあれば、ほとんど日本人が見当たらず外国人に囲まれて過ごすことになる場所もあります。どちらにもメリットとデメリットがありますので一概にどちらが良いとは言えませんが、語学の習得を目指している留学ならば、日本人が少ない場所を選んだほうが効率が良いと言われています。

これは留学経験者や留学エージェントが口を揃えて言うことですが、どうしても母語は楽なので、身近に日本人がいると日本語で話してしまい、イタリア語を話す機会が格段に減ってしまうと言います。語学は使わなければ上達しませんし、話さなければ習得できません。

この点でシエナは、日本人の語学留学には向いている土地と言えるでしょう。外務省による平成27年時点の『海外在留邦人数調査統計』では、3ヶ月以上滞在している日本人留学生は、教職や研究生などを含めても年間3,000人程度。労働移住の長期滞在者を含めても、イタリア全土にいる日本人は年間約9,000人前後のみです。近隣国であるドイツでは年間約30,000人程度、フランスでは年間約31,000人程度という統計と比べると、日本人の比率が少ないことが分かります。

特にイタリアの中でも、都市部のローマやミラノなどには外国人留学生が集中しやすく日本人の姿も見られますが、シエナやボローニャなどの地方になると日本人の比率はぐっと下がります。便利さは劣りますが、その分物価も安く、都市部に比べて治安も良いという魅力付きです。語学学校のクラスに日本人が自分だけということも少なくありません。比較的少人数でしっかりとイタリア語を学びたい方には、シエナ留学はおすすめスポットです。

多国籍の人間に対して寛容な雰囲気がある

世界の中でも、特にイタリアは昔から異なる民族を受け入れてきた歴史を持ちますので、国籍が違う人間に対して寛容な雰囲気が見られます。そのため、現在でもイタリア国内には約500万人以上の外国人が暮らし、様々な人種や文化が入り混じっています。

またシエナは学問の都市と言われるだけあり、昔から多くの留学生を受け入れてきました。そのため、シエナの住民は外国人との共存に慣れていて、扱い方もよく心得ています。違う文化や異なる肌の色を持つ人達と、うまくやっていく方法を知り得ているのです。

そもそも国民性として、明るくとても陽気な気質を持つイタリア人。まさにラテン気質です。フレンドリーで物おじしませんし、知らない人ともすぐに仲良くなります。このような住民が多いため、シエナに留学した日本人留学生もすぐに慣れることができ、居心地よく感じているようです。ホームシックになる留学生も少ないと言います。シエナの温かい雰囲気が、留学地としての人気を支えているのは間違いありません。

ヨーロッパ諸国への旅行が気軽にできる

世界各国の中でもハードルが高いイメージがあるヨーロッパ旅行。日本から遠いということも関係していますが、物価が高いことや飛行機の飛行時間が長いことからも、日本人が気軽に行ける場所ではないことは明らかでしょう。

ただ日本を起点にすればハードルが高いヨーロッパ旅行ですが、シエナ留学中であれば近隣のヨーロッパ諸国への旅行は簡単に行けます。アルプス山脈を挟んで、イタリアの隣にはフランス、スイスなどがあり、距離が近いため安価で旅行が可能です。

例えば、シエナから首都のローマまで出れば、フランスのパリまで片道1万~2万円で行くことができますし、オフシーズンならもっと安い金額で行くことも可能です。しかも近隣国なら、通貨が同じユーロなので両替する必要もなく、お金のロスもありません。シエナ留学中に憧れのヨーロッパ旅行を計画してみるのはいかがでしょうか?

シエナ留学のデメリット

穏やかで住み心地が良いイタリアの田舎街、シエナ。静かな環境が魅力ですが、一方で学問の都市という一面も持ち、色んな留学スタイルを実現することができる教育都市でもあります。そのためシエナに留学するため、世界中から多くの留学生が集まってきます。

とはいえ、どんなに良い条件が揃っていても、海外に住むということはそんなに簡単な事ではありません。その土地ならではの悩みや問題点もありますから、もし実際に生活するのであれば、留学先のデメリットに自分がうまく対応できるかどうかを事前に確かめておく必要があります。
例えば、シエナ留学で考えられるデメリットには以下のようなものがあります。

  • イタリア語の基礎習得が必要
  • 治安が良くない地域が多い

ではここから、シエナ留学のデメリットについて一つずつ詳しくご紹介します。

イタリア語の基礎習得が必要

シエナに語学留学をする学生は多いですが、いくら学ぶために行くと言っても、渡航前にある程度のイタリア語ができなければ話にならないでしょう。あいさつ程度のイタリア語や困った時に使えるフレーズなど、最低限の語学の基礎は頭に入れておくべきです。

もちろんイタリア人でも英語を話せる人もいて、困った時に英語を介して通訳してくれる場合もありますが、基本的にはイタリア人は英語を話しません。そもそも英語圏ではないのですから、当然と言えば当然でしょう。イタリア語が話せなくても英語ができれば現地で何とかなると考えておられる方も多いようですが、言葉の違いはそんなに簡単なものではありません。

特にイタリア語は英語とは違い、普段日本で使うことがなく、耳にする機会もないので、自主的に勉強しないとある程度の基礎も身に付きません。いざシエナに留学して初めから苦労しないためにも、イタリア語の基礎ぐらいは習得しておく必要があります。

治安が良くない地域が多い

シエナは学生が多い都市なので基本的には治安が安定している場所ですが、日本に比べると治安が良いわけではないことは認識しておかなければなりません。日本で当たり前にできることでも、シエナでは出来ないということも珍しくありません。例えば、レストランでカバンを置いたまま席を立つとか、カフェでパソコンを置いたままトイレに行くとか、お財布だけ持って歩くとか。日本では普通ですが、シエナではタブー行為です。普通に「盗ってください」と言っているようなものでしょう。日本人は特に防犯意識が低いことで知られているので、ターゲットになりやすいのは言うまでもありません。

シエナだけに限らずイタリア全土で最も多いのは、スリやひったくりなどの軽犯罪と言います。特に人が混雑する観光地では確率が高く、注意が必要です。中には、警察官と称して現金を抜き取ったり、仲間が外国人の注意を引いている隙に財布を盗るスリ集団もいます。

そのような軽犯罪が多いため、イタリアの多くのお店では万引き防止の対策が取られています。買い物を終えて店を出ると、待機している警察官にレシートを見せるように要求される場合があるのです。レシートを受け取り忘れたり、途中で捨ててしまった場合、ややこしいことにもなりかねないので、買い物をする際はレシートを必ずもらう癖をつけましょう。

また、場所によっては一人で歩かない方が良い場所や近寄らない方が良い場所、時期によって気をつけなければならない場所などもあるので、大使館からの注意事項や外務省が発信している最新情報をこまめにチェックしてください。

シエナ留学実現に必要な費用の概要

シエナ留学実現において、やはり一番重要になってくるのは留学費用です。留学期間や学校選び、留学の内容、滞在方法などによってそれぞれ必要な総額は変わってきますが、まずは必要な情報を集め、予算を立てて、その中で自分に合ったベストな留学プランを練っていく必要があるでしょう。

一般的にシエナ留学に必要な費用は、1ヶ月につき平均で25万~42万円前後と言われています。もちろん生活スタイルや選ぶ学校の違いなどで必要な費用の概算は異なりますが、一般的に参考にされている金額です。具体的な内容例を以下に示しています。

●語学留学した場合の費用(参考にしていただける例)
項目 必要な費用
航空券(往復) 13万円前後
語学学校 12万円前後
滞在費 10万円前後
交際費 3万円
海外旅行保険 2万円
合計 40万円程度

※この費用の中にはビザの申請費用や食費などを含む生活費は含まれていません。実際にはこの価格よりも上回る可能性が高いので、あくまでも参考価格としてご覧ください。

語学学校の費用

 
シエナに留学する場合、一番大切な費用となるのは学校の授業料。もちろん金額は一律ということではなく、留学時期や場所、期間、学校のレベルなどによって変化します。平均としては年間約190万円~300万円の費用を計画しておくことが必要なようです。

この金額の開きは、留学の目的の違いに左右されます。語学習得のための留学なのか、大学への正規留学をするのか、おけいこ留学なのかなどで掛かる費用が大きく異なってきますので、それも念頭において計画すると良いでしょう。同じ語学学校でも様々なタイプのものがあり、かかる学費も変化しますが、おおよそ1ヶ月で平均8万円〜17万円前後必要になると考えられます。

●語学留学した場合の期間別平均費用表
期間 費用の目安
1ヶ月 22~39万円前後
3ヶ月 57~89万円前後
6ヶ月 120~210万円前後
1年間 190~300万円前後

※この費用の目安には、航空券(往復)と語学学校の学費、滞在費、生活費が含まれていますが、その他の必要な費用は含まれていませんのでご注意ください。

シエナ留学では語学レッスンはもちろん、その他にも芸術、料理、音楽、カルチャーなど本場イタリアならではのアクティビティやセミナーが豊富に用意されているため、若い学生だけにから社会人・シニアの方まで存分にイタリア文化を体験することができます。中には1週間からOKという語学留学プランもあり、多様性に富んでいます。1ヵ月の短期留学から1年以上の長期留学が一番人気がありますが、対応している語学学校の数も豊富なので、自分の目標や希望、予算に合わせてカスタマイズ可能です。

特にシエナは大都会ではありませんので、語学学校もコンパクトなものが多く、特に私立の語学学校は少人数制が基本です。そのため、アットホームな雰囲気で日本人にもなじみやすい特徴があります。ラテン系のお国柄が関係しているのか、授業が面白く楽しいと定評がある学校も多く、気構えずにスピーキング力を磨くことができます。また、能力に応じて細かいレベル分けをしている学校も少なくないため、一人ひとりが無理なく学べるように工夫されている傾向も強いようです。ですから、語学留学への満足度は非常に高いと言います。

またシエナには幾つか有名な大学もあり、進学や編入を目指す留学生も少なくありません。代表的なものといえば、シエナ大学やその中に設けられているシエナ外国人大学言語教育センター(以下CLUSS)。特にCLUSSは外国人向けに設立されたコースで、イタリア語教育と言語学、言語教育の分野における研究を目的としています。年間100か国以上の世界中から集まるインターナショナルな外国人学生が学び、イタリア語コースを受講しています。シエナに留学する外国人は、はじめからCLUSSを目指している方も多く、留学生の中では人気も高く評判も上々です。シエナの教育機関は、全体的に留学生の受け入れにも好意的ですので、安心して学べる環境と言えるでしょう。

シエナ留学は学校や留学プランの選択肢が多いので、自分の目的に合わせて上手に選べば学費以上の価値がある学校で学ぶことができます。ですが、安さや口コミだけで安易に学校を選んでしまうと、教師のレベルや教育レベルが低かったり、生徒が多すぎて学習の質が悪いなど失敗してしまう可能性も。まずはなるべく多くの情報を集めて、留学経験者の評価を参考にしたり、留学エージェントに助けてもらうなどして賢く学校選びを行いましょう。

滞在費用

シエナ留学で学費の次に大きな金額が予想されるのは、滞在費です。多くの留学生が節約に励み費用を浮かせようと努力しますが、どうしても固定費として出ていく家賃は大きな出費になります。また海外では、特に滞在費は金額に比例して安全性なども関係するので、安ければ良いというものでもありませんから難しいところです。

ですが、滞在方法は幾つかの中から選択することができ、選び方によっては費用を抑えることも可能なので、滞在費用の節約も十分可能です。
シエナ留学の際、選択肢としては寮、ホームステイ、ルームシェアが一般的です。

寮の場合の費用

●シエナで寮生活をする場合の費用目安:1ヶ月平均4万~10万円前後、年間平均48万~120万円程度
シエナ留学で寮生活を選択した場合、滞在費用は上記に記した金額を参考にしていただけます。金額に大きな差があるのは、寮の築年数や特約(女性専用、セキュリティなど)あり、利便性、立地、入寮率などによって違いがあるからです。どうしても中心地にある寮なら高額になりやすいですし、郊外にある寮ならリーズナブルな価格になりやすくなります。

比較的大きな語学学校や大学であれば、学校の敷地内に寮がある場合が多いため、非常に便利です。タイプは様々で、ドミトリータイプや最新のマンションタイプの寮がある場合も。タイプや部屋数によって金額には差がありますが、大抵の場合共同のキッチンや自炊設備もあるため、自炊して生活費の節約も可能です。基本的には食事はついていませんが、寮によっては寮母さんが食事を作ってくれたり、朝食だけついている場合もあるので事前に確認しておきましょう。キャンパス内の寮はセキュリティ面でも安心ですし、何より近いので留学生には特に人気です。

寮生活の費用も大きな金額が必要なのでどうしようか迷うかもしれませんが、寮生活をすることには沢山のメリットがあり、実際に寮生活をして良かったと感じる留学生は少なくありません。色んな国籍の留学生と仲良くなることができますし、色んな文化を直接体験できるので大きな財産にもなります。自分の生活スタイルに合っていて、無理なく暮らせるのであれば、是非寮生活を体験してみてください。

ホームステイの場合の費用

●シエナ留学でホームステイをする場合の費用目安:1ヶ月平均6万~11万円前後、年間平均72万~132万円程度     
シエナ留学でホームステイをする場合、費用の目安は寮生活の場合とさほど変化はありません。ただし、ホームステイ先の中には生活費や消耗品の金額を含めているスタイルのファミリーもいるので、その場合は若干寮の費用を上回ることもあります。ですが、総合的に見ればその方が生活費を安く抑えられることも多いため、留学生には人気がある滞在方法です。ホストファミリーと話し合い、自分達なりのスタイルを確立すると良いかもしれません。

シエナ留学でホームステイをするメリットは、なんと言っても一般の家庭の中で普通に生活する体験ができることです。家庭を大切にし、お母さん中心の大家族でワイワイ言いながら食事を楽しむのが大好きなイタリア人。温かい雰囲気に癒され、居心地の良さを感じることができるでしょう。

また年齢層が様々なホストファミリーと会話をするため一生懸命話しますので、語学能力やコミュニケーション能力もかなり上がると言われています。学友以外の人に自分のイタリア語が伝わるかどうか試す機会にもなるでしょう。なるべく現地の生活に密着した生活スタイルを望んでいる留学生には、おすすめの滞在方法です。

ルームシェアの場合の費用

●シエナ留学でルームシェアをする場合の費用目安:1ヶ月平均5万~13万円前後、年間平均60万~156万円程度
シエナ留学でルームシェアをしようと思った場合、費用はどこに住むかで大きく差が出ます。当然のことですが、中心地を選ぶと費用は高めで年間156万円前後、しかしちょっと不便でも郊外を選ぶと年間60万円前後まで下げることができます。

シエナを含め海外では、シェアハウス、もしくはルームシェアは一般的な生活スタイルです。どうしても一人暮らしをしようとすると家賃が高くなりますが、シェアハウスやルームシェアなら滞在費をかなり安く抑えることが可能です。うまくいけば1ヶ月5万円以下の金額で滞在できる場合もあります。また、シェアハウスは家具や家電がついていたり、Wi-Fi完備や光熱費込みのところも多いため、全体的に見れば何かとお得です。

シエナは学問の都市と言われ、昔から留学生の受け入れには慣れている土地柄ですから、ルームシェア向きの家やアパートメントも多く、比較的容易に見つけやすいはずです。通っている学校に紹介してもらったり、学友からの紹介、ローカルのサイトから探すことができます。もし自分だけで探すことに不安があるなら、現地の情報に特化している留学エージェントに相談して、安全で安く借りられる家を探してもらうこともできます。

渡航費用

●シエナ留学で必要な渡航費用の目安:平均6万円~18万円前後
実際にシエナに行くために必要な渡航費用。大抵は飛行機を利用しますが、多くの方がイメージしているほど高額なものばかりではありません。時期や購入時期をよく考えれば、予算よりも低い金額で購入することは十分に可能です。世間が休暇の時は航空券も値上がりしますので、長期休暇後の時期を選んだり、比較的高い直行便ではなく、トランジットが長い乗継便で行くことによっても渡航費を抑えることができます。

日本からシエナに行く場合に利用できる最寄りの空港は、フィレンツェ・ペレトラ空港。ですが日本からの直行便はないため、成田からローマを経由してフィレンツェまで行くか、関空からパリを経由してフィレンツェに行くなどの乗継便が主流です。乗り継ぎ便のパターンは多く、便数も問題ないので大変便利な渡航でしょう。日本からの直行便(成田空港発)で行く場合の所要時間は、約15時間。乗り継ぎの回数が増えれば、それだけ所要時間も加算されます。

フィレンツェ空港からシエナ市内までのアクセス方法は幾つかありますが、一番よく使われているのはシャトルバス。まず空港からフィレンツェSMN駅までシャトルバス((Vola in Bus):6ユーロ / 所要時間 約30分)で移動し、SMN駅からシエナ中心街までは長距離バス((SITA社)/7.8ユーロ/所要時間1時間15分)で移動できます。空港からシエナ中心地までは列車を利用することも可能ですが、中心街から離れた場所に着くので、バスを使った方が何かと便利です。

海外保険費用

●シエナ留学で必要な海外保険費用の目安:1ヶ月平均1万5000円~3万円前後、年間平均20万円~36万円程度
海外に旅行する時や滞在する時に任意で加入することを薦められる、海外保険。中には、海外保険は高いので加入しないという方もおられますが、急な事故やケガ、病気に自分だけで対応するのは決して簡単な事ではありません。特に海外の場合、治療費や薬代が実費になることがほとんどですので、海外保険に入っておかなければ自分ですぐに賄える金額ではありません。それはシエナでも同じことです。

学生にとって毎月多額の保険代を払うことは負担が大きいと理解できなくもありませんが、留学生の中には病院代を払えないので治療に行かず、結果体調を崩してしまう学生も見受けられます。そうなれば勉強どころではなくなってしまい、留学期間を満了できない可能性もあります。それはとても残念なことです。

ですから、慣れない場所でのもしもの時のために、海外保険には入っておくことをおすすめします。自分の身を守る一つの方法として、真剣に検討してみると良いでしょう。インターネットを利用すればどこでも申込みできますし、エージェントに依頼して手続きの代行をしてもらうとスムーズです。

ビザの申請費用

●シエナ留学で必要なビザの申請費用:日本人の就学ビザに関しては免除されるようになったため、現在では無料。
シエナに留学する場合、90日以内であればビザの取得は必要ありません。ですが、90日を超えた長期留学になる場合は、目的に合ったビザを事前にイタリア大使館で取得する必要があります。就学ビザだけでも5種類あり、どのような学校に留学するかによって必要書類や手続の流れが変わってきます。きちんと必要ポイントをチェックして、スムーズに取得できるように理解しておきましょう。

また、シエナに到着後8日以内に滞在許可証の申請が必要です。これはビザの申請とは別物ですので、忘れないようにしましょう。
ちなみにすべてのビザに共通している必要書類は以下の通りです。

  • 滞在先に関する書類(賃貸契約書や入居証明書、ホームステイ先からの受け入れ承諾書)
  • 資金を証明できるもの
    (留学費用が自己資金の場合:資金の入っている銀行口座の通帳、家族が資金提供する場合:所定の保証書、実印登録証明書、保証人名義の銀行口座の通帳、奨学金の場合:奨学金発給証明書)
  • 滞在予定全期間をカバーしている医療費の項目が無制限の海外傷害保険の契約書

語学留学用の就学ビザ

これは私立の語学学校でイタリア語を勉強するのに必要なビザのことです。必要な書類は、すべてのビザに必要な共通書類と合わせて以下のものを揃えておく必要があります。語学学校に依頼して、事前に揃えておきましょう。

  • 入学許可書(授業内容、レベル、授業時間数、期間が明記されているもの。校長の署名のある正式なもの)
  • 教育監督局により教育機関として認可されていることがわかる書類
  • 経営母体の登記簿謄本(商工会議所に法人登録されている場合のみ)
  • 学校への支払いが完了していることを示す書類

大学・音楽院・美術大学留学用の就学ビザ

これは在東京イタリア文化会館を通じて出願するもので、在東京イタリア文化会館の留学者リストに掲載されている人のみ、このビザの申請することができます。ビザの申請には、共通必要書類に加えて入学許可書が必要になります。

大学院留学用の就学ビザ

このビザを取得するには、共通必要書類に加え修士号や博士号を取得することが可能なイタリアの公立、私立大学の大学院入学許可書が必要になります。

交換留学用の就学ビザ

このビザの申請には共通必要書類に加えて、下記の書類を揃えておく必要があります。 

  • 日本の大学からイタリア総領事館にあてた英文ビザ発給依頼書
  • 両校のあいだで取り交わされた交換留学協定書のコピー
  • イタリアの大学からの入学許可書もしくは受入れ承諾書

職業訓練校留学用の就学ビザ

このビザの申請には共通必要書類に加えて、下記の書類を揃えて置く必要があります。

  • 職業訓練校として州に認可されていることを証明する書類
  • 日本で同じ分野の専門教育を修了したことを証明できる書類(卒業証明書)

これらナショナルビザと言われるビザは、91日以上のイタリア滞在の為には必ず必要なものですので、取得を忘れないようにしましょう。現在では日本のイタリア大使館でビザ申請のオンライン予約が可能ですので、比較的簡単に申請手続きができます。

イタリアだけに限らず、多くの国ではビザの申請に関してシビアになっています。テロなどの国際問題が多くなっているため、他の国からの入国に関して審査が厳しくなっているからです。ビザがうまく発行できないと予定した日に入国できなくなってしまうこともありますので、トラブルを避けるためにもビザの申請は事前の確認を怠らず、スケジュールに合わせて余裕を持っておこなうようにしましょう。

生活費用

●シエナ留学で必要な生活費用の目安:1ヶ月平均5万~10万円程度、年間平均60万円〜120万円前後 
留学生活で他に大きな経費として考えておくべきなのは、やはり毎日の生活費。食費が一番大きなウエイトを占めますが、その他にも消耗品や日々の生活に必要な物の購入費、交際費なども含まれますので、金額は大きくなりがちです。これは個人の生活スタイルや金銭感覚も関係しますので、個人差が如実に出る経費分野ともいえるでしょう。

シエナの物価は大都会ローマやミラノに比べれば安いですが、観光地であるため、実際の生活費は東京の平均価格と変わらないと考えておいても損はありません。例えば、ちょっとしたレストランに入ればランチで1,000円程度、ディナーなら2,000円以上は必要です。特別高くもないが、特別安くもない…といった感じです。

ただ工夫次第では食費を下げることは可能で、外食する場合もファーストフードから豪華なレストランまで選択肢が豊富なので、個人差がかなり出ます。学生が多いこともあり、市場の出店や学校の近くには切り売りのピザ屋(1切れ2ユーロ(約260円)程)があったり、学生に人気のリーズナブルなレストランもありますので節約は可能です。観光地の近くや中心街のレストランは少し高い傾向があるので、先に値段を見てから決めると良いでしょう。

ですから、多くの留学生が心がけているように、自炊して食費を抑える方法は必須かもしれません。シエナには沢山のスーパーがありますし、メルカートと呼ばれる市場などでも食材が比較的安価で手に入ります。特に主食であるパスタの材料は日本よりも安く、いろいろな種類のものを購入できます。生パスタやモッツアレラチーズ、新鮮なトマトやフルーツなども安く、学生の中には毎日パスタを食べているという人もいるほど。工夫次第でいくらでも節約が可能ですし、楽しみながら自炊を満喫ことができるでしょう。

シエナ留学をサポートしてくれるおすすめのエージェント

観光大国イタリアの中でも学問と芸術の街として有名なシエナ。文化遺産となる古都が魅力の街で、毎年多くの観光客が訪れます。コンパクトな街の割には生活に不便もなく、教育環境も整っているため、語学留学や専門的な技術を習得するために留学する外国人が多い土地でもあります。近年日本人の留学生も増えつつあり、シエナ留学実現のために頑張っておられる方も少なくないことでしょう。

とはいえ、これはどの留学生にも言えることですが、初めての海外留学の場合、どうしても不安や心配が絶えないものです。期待や好奇心と同時に、一体何から準備したらいいのかと戸惑いを覚える留学生も少なくありません。色々な書類集めや手続き、準備、情報収集をすべて自分だけでこなすにはかなりの時間と労力を要します。

それで多くの場合、留学準備のサポートを行ってくれる留学エージェントにすべてをお任せしている留学生は少なくありません。エージェントは留学に関してはプロですし、留学に関する最新情報を持っているので、お願いした方が効率よく準備できる場合も多いからです。

ただ、留学エージェントにも特徴や得意分野があり、特定の地域や都市に特化していたり、サポート場所が限定されているエージェントもあります。ですから、自分にぴったりサポートを受けるためには、留学先候補の都市に詳しいエージェントに依頼するのが最適でしょう。ではここから、シエナ留学をサポートしてくれるおすすめの留学エージェントを詳しくご紹介していきます。

株式会社カレイド

イタリアとスペイン語学留学サポートを専門に取り扱っている留学エージェント、株式会社カレイド。本社は日本の愛知県にあり、イタリアとスペインへの留学を専門的に対応している会社です。専門的に扱っていることもあり、留学に関する最新情報や現地情報量は豊富で、信頼に値します。

株式会社カレイドでは、イタリアとスペイン両国に留学したカウンセラーがマンツーマンで留学をサポートしますので、現実味のある助けが期待できます。また留学先を絞る過程においても、学校を選ぶ場合にも初期のカウンセリングを重視し、依頼者にピッタリのプランを提供することを大切にしています。もちろん、カウンセリングから申し込みまですべて無料ですので、安心して相談できます。

株式会社カレイドでは、イタリア、もしくはスペインの提携先のすべての学校の代表と面談を行っており、信頼できる教育機関だけを紹介しています。このような運営方針が留学生達からの信頼を勝ち得ているのでしょう。

イタリア留学センター イタリアーナ

イタリア現地在住の留学コンサルタントのサポートが受けられることで知られている、イタリア留学センター イタリアーナ。イタリアーナの留学カウンセラーは全員日本人ですので、日本語で相談できるという強みはもちろん、スタッフは皆イタリア留学経験者ですので、自身の経験を活かしながら適切なサポートとアドバイスをしてくれます。

現地サポートができるという強みから最新の情報を取得でき、留学諸事情やビザ関連の最新情報、宿泊先、諸手続き関係などもスムーズに対応できます。また、なるべく依頼者の不安や心配を取り除いてあげたいという思いから、質問には迅速に全て応えられるようにメールコンタクトは24時間対応という心意気も嬉しい限り。スカイプやLINEアポイントで無料留学相談もすぐに対応可能です。

また日本でも留学無料相談会を1年に2回開催しており、出発前のサポートも万全。まずは無料相談から始めてみるのも良いでしょう。

アドマーニ(adomani)

イタリア留学のスペシャリストとの評価も名高い留学エージェント、アドマーニ。インターネットでイタリア留学と検索すると必ず上位に名前が挙がる、認知度の高い留学エージェント会社です。イタリア留学だけを研究し、多くのイタリア留学を送り届けてきた経験豊富なプロのカウンセラーで組織されており、納得するまで相談に応じてくれるきめ細やかさに定評があります。

留学費用をなるべく安く抑えたいという留学生の気持ちに寄り添い、最大限のサポートをしてくれるので、信頼してお任せできます。アドマーニが対応できる留学プランは実に多彩で、語学留学はもちろん、大学留学、イタリア料理留学、デザイン留学、職人留学、音楽留学、サッカー留学、インターンシップなど様々。自分の希望や目的、予算などに合わせて学校や留学地域などもカスタマイズ可能です。

まずは、経験あるカウンセラーに気になる点から相談してみることをおすすめします。

シエナ留学 まとめ

イタリアのトスカーナ州にある美しい古都、シエナ。シエナ自体は小さな田舎街なのですが、街全体が世界遺産に登録されていたり、市内の中心にあるカンポ広場は世界で最も美しい広場と言われているなど、見所が沢山あります。そのため観光のハイシーズンには多くの観光客で賑わいを見せます。

イタリアは治安があまりよろしくない国というイメージが強いですが、シエナの属するトスカーナ州はイタリアの中でも比較的治安が良いとされています。観光地でもある旧市街は夜中でも結構人がいて安全ですし、留学生が多い教育都市であるせいか、大きな犯罪やトラブルは聞きません。また年間を通して気候が良く、過ごしやすい環境が整っているため、日本人を含む外国人留学生が多く滞在しています。

シエナには多くの語学学校や外国人向けの留学コースを設けた大学などがあるため、教育環境は万全です。教育環境の面でも、生活面でもシエナはおすすめの留学地といえるでしょう。

シエナのベストシーズンは5月~9月です。特にパリオという一大イベントが行われる7月、8月は観光客もドッと増え、同時に夏休みを利用した短期留学生もかなりの数が集中するので、早めに準備に取り掛かる方が良いでしょう。のんびりとした留学を望んでいるのであれば、比較的留学生が少ない冬季を狙うと良いかもしれません。

留学先を国から探す